統計的検定(読み)とうけいてきけんてい(英語表記)statistical testing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「統計的検定」の解説

統計的検定
とうけいてきけんてい
statistical testing

母集団に関する仮説標本から得た情報に基づいて検証すること。普通は単に検定と呼ばれている。社会調査においては標本調査と全数調査とを問わずデータには偶然的誤差が含まれているので,ある結論を下すためにはそれが偶然的要因によるものでないことを統計的検定によってテストしなければならない。この手続あらすじは,(1) 母集団に関して証明したい命題とは逆の仮説 (帰無仮説) を立てる,(2) その仮説が正しいとしたときの,ある統計量標本分布を考える,(3) 調査結果からその統計量のを計算する,(4) そのような値が帰無仮説のもとに無作為に出現する確率を,標本分布の形から数表を使って割出す,(5) この確率の値があらかじめ定めておいた有意水準 (普通5%) より小さければ,もとの仮説を棄却し,大きければ仮説の判定を保留する。こうした手続により検定が行われるが,より簡単な方法としては片側検定というものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「統計的検定」の解説

とうけいてきけんてい【統計的検定 statistical test】

事物の集合を定量的に比較する目的で用いられる数理統計学の方法を統計的検定(または検定)という。応用としては,例えば,化学反応収率を上げる目的で使用する触媒の比較とか,現在の日本の成人男子の身長を10年前と比較するとか,あるいは,ある病気に対する2種の治療法を比較するなど数多くの例を挙げることができる。この場合,収率,身長など比較したい事物の集合を母集団といい,無作為にとった少数の標本に基づいて元の母集団を比較するという形式をとる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android