コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ1世(赤髯王) フリードリヒいっせい[あかひげおう]Friedrich I, Barbarossa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ1世(赤髯王)
フリードリヒいっせい[あかひげおう]
Friedrich I, Barbarossa

[生]1122
[没]1190.6.10. 小アジア,キリキア
ドイツ王 (在位 1152~90) ,神聖ローマ皇帝 (在位 55~90) 。 1155年先王コンラート3世の遺志により皇帝に選出された。即位後まずドイツ国内の治安確立に努め,次いでイタリアの諸都市 (→コムーネ ) に侵害されていた皇帝特権を回復するために,6回に及ぶ大規模な遠征を敢行。しかし帝国と教皇庁間の抗争があり,また反皇帝派都市も強力な同盟を結成してフリードリヒの遠征に備えた。 76年ロンバルディア同盟の反抗にあい,レニャーノの戦いに敗れ和を結んだ。このほかポーランドハンガリーボヘミアなどには勢力を及ぼすことに成功。帝の晩年の大事件にザクセン大公ハインリヒ獅子公との対立がある。獅子公はドイツ最有力の諸侯であったが,帝に反抗,79年ついに帝はその封土没収に成功。こうしてフリードリヒ治世期に古い部族公の時代が終り,新しい帝国諸侯が登場することになった。総じて帝の権力は貴族と教会の支持に立脚していた。 89年十字軍を企図して小アジアに進軍し,キリキアで渡河中溺死した。数奇な生涯のため伝説的人物ともなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フリードリヒ1世(赤髯王)の関連キーワード鎌倉幕府書籍フリードリヒ[1世]宇佐美実政建久鎌倉時代源空ドイツ文学ヒッタイト横浜の外国人墓地と根岸外国人墓地