コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウスホーファー ハウスホーファー Haushofer, Karl

5件 の用語解説(ハウスホーファーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウスホーファー
ハウスホーファー
Haushofer, Karl

[生]1869.8.27. ミュンヘン
[没]1946.3.13. 南バイエルンワイルハイム近郊
ドイツ政治地理学者。ミュンヘン大学教授の息子として生れ,第1次世界大戦の終りまで軍人 (准将) 。 1908~10年日本に軍務で滞在。政治地理学の世界的規模の諸問題に目ざめ,24年『地政学報』 Zeitschrift für Geopolitikを創刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハウスホーファー

ドイツの地政学者。軍人出身。地政学を発展させ,のち1931年ごろから国家社会主義的傾向を強め,ナチスの外交顧問となった。1903年―1910年アジア,日本に滞在,《日本および日本人》《太平洋地政学》などの著作がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ハウスホーファー Haushofer, Karl

1869-1946 ドイツの軍人,地政学者。
1869年8月27日生まれ。明治42年(1909)陸軍将校として来日し,帰国後,少将。のちミュンヘン大教授となり地政学を研究。ドイツ-アカデミー会長,さらにヒトラーの顧問としてナチス外交を推進したが,戦後1946年3月13日妻とともに自殺。76歳。ミュンヘン出身。著作に「太平洋地政学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ハウスホーファー【Karl Haushofer】

1869‐1946
ドイツ地政学の代表者。ミュンヘンの名家に生まれた。1887年から1918年まで軍務に従事し,インド東アジアシベリアに旅行。1908年から10年までバイエルン参謀部の委嘱によって日本に滞在。19年ミュンヘン大学で地理学教授資格試験に合格,21年名誉教授となる。《日本防衛の地理的基礎》(1911),《ダイニホン》(1913),《日本の地理的開発とドイツ》(1914),《日本の政治派閥》(1914),《日本帝国発展の地理的基礎方向》(1920),《日本帝国》(1921)など,特殊な近代化をたどった日本に関する論考が目だつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハウスホーファー【Karl Ernst Nikolas Haushofer】

1869~1946) ドイツの軍人・地政学者・地理学者。「地政学雑誌」を創刊、主宰。ヒトラーの政治顧問をつとめ、対外政策に重要な役割を果たした。著「地政学の礎石」「太平洋地政学」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハウスホーファーの言及

【地政学】より

…地政学という名称を最初に用いたのは(1916),スウェーデンの学者チェレン(ヒェレン)Rudolf Kjellén(1864‐1922)であったが,内容的にはドイツのF.ラッツェルが,すでに生存圏肯定の理論としてI.カントの政治地理学を再編成し直し,ドイツの植民地拡大政策の根拠づけを行っていた(1889)。ラッツェルとチェレンの生存圏,自給自足,大陸国家優先の地政学は,ドイツのK.ハウスホーファーによって受け継がれた。地球上の生存空間を求める国家間の競争が,政治地理,経済地理,さらにその根幹となる自然地理から科学的に説明できるとする彼の学説は,世界が汎アメリカ,汎アジア,汎ユーロアフリカ,汎ロシアの四つの総合地域に統轄されると主張し,その中でドイツの支配する汎ユーロアフリカ地域のみが大陸海洋両様地域として発展しうるという,ナチス・ドイツのイデオロギー的基礎となる地政学を展開した。…

※「ハウスホーファー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハウスホーファーの関連キーワードミュンヘン会談ニューミュンヘンミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・スーパー12ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘン・バレエ団ミュンヘンビール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハウスホーファーの関連情報