コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウトスミット ハウトスミットGoudsmit, Samuel Abraham

3件 の用語解説(ハウトスミットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウトスミット
ハウトスミット
Goudsmit, Samuel Abraham

[生]1902.7.11. ハーグ
[没]1978.12.4. レノ
オランダ生れのアメリカ物理学者ライデン大学アムステルダム大学に学び,1927年渡米。ミシガン大学教授 (1932) ,ブルックヘブン国立研究所所員 (48) 。 25年原子スペクトルの多重項の説明のため G.E.ウーレンベックとともに電子スピンを導入した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハウトスミット

オランダ出身の米国の物理学者。ライデン大学を出て,1927年渡米,1932年ミシガン大学教授,1948年ブルックヘブン国立研究所員。ライデン大学在学中G.E.ウーレンベックとともに電子のスピンの概念を提唱(1925年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハウトスミット
はうとすみっと
Samuel Abraham Gaudsmid
(1902―1978)

アメリカの物理学者。オランダのハーグに生まれ、ライデン大学のエーレンフェストのもとで物理学を学ぶ。パッシェンゼーマンらについて分光学を研究し、パウリの原子の分光学に関する理論に対し、電子のスピン角運動量に相当する新しい量子数を導入し、1925年、ウーレンベックとともに電子スピン自由度に関する論文を発表した。1927年ライデン大学で学位取得。同年アメリカに渡り、1932年ミシガン大学教授。第二次世界大戦中はマサチューセッツ工科大学放射研究所で戦時研究に従事、のちにドイツ原爆調査団(アルソス)に参加した。1946年ノースウェスタン大学教授。1947年よりブルックヘブン国立研究所所員。[山崎正勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハウトスミットの関連キーワード正岡子規熱雲バルフォアコープランドコワニェベックマンファシン岩タクリー号学鐙グレーザー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone