ハクサイ(白菜)(読み)ハクサイ(英語表記)Brassica rapa var. amplexicaulis(B. pekinensis); Chinese cabbage

  • ハクサイ(白菜) Chinese cabbage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラナ科の越年草で,中国北部の原産であるが,日本でも広く栽培され,煮物漬物など東洋における重要な野菜の一つである。分類学上はアブラナの1変種とされ,黄緑色の軟らかい多汁質の葉を生じ,春にとう (花茎) が立つ。花はアブラナに似た十字花であるが,淡黄色である。日本には明治末期に渡来し,昭和になってから品種改良が盛んに行われた。品種により半結球性と結球性があり,また,まったく結球しないサントウハクサイ (山東白菜)なども同一種内の別変種と考えられている。普通8月に種子をまき,11~12月に収穫する。関東,東北によくできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アブラナ科の一〜二年生の野菜。冷涼な気候を好む。中国で古くから栽培・改良され,日本へは明治以後導入された。淡黄緑色,倒卵形の大型根出葉を多数出す。春,花茎を出し先端に淡黄色の小花をつける。葉には結球性,半結球性,不結球性のものがあるが,ふつう結球性のものをハクサイと呼ぶ。葉は繊維が少なく,冬の漬物に重用されるほか生食,煮食する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブラナ科に属する一・二年草(イラスト)。ハクサイの語源は中国の〈白菜〉からで,英語もハクサイの別名をpe‐tsaiという。しかし中国で白菜とされるものは,アブラナB.campestrisに属する葉菜類(漬菜類)を指すことが多く,ハクサイは通常大白菜あるいは結球白菜の名で呼ばれる。 植物学的には,カブや漬菜類と同種であるため,それらと容易に交雑をする。外葉は一般に倒卵形で,葉肉は薄く,葉脈が多く太い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android