コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッキング ハッキング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハッキング

システムやネットワークに通常ではない方法でアクセスすること。もともとは、合法的なアクセスを含めてこう呼んでいたが、転じてデータの改ざんや破壊、盗用などの違法行為を指すことが多くなっている。正しくは、違法なアクセスはクラッキングと呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハッキング(hacking)

[名](スル)
バスケットボールやハンドボールの反則の一。相手のボールを取ろうとして、手で相手の手・腕などをはたいてしまうこと。バスケットボールでは、現在はイリーガルユース‐オブ‐ハンズと呼ばれる。
コンピューターに関する高い技術力や豊富な知識をもつ者が、プログラムを解析して巧妙に改良したり、コンピューターネットワークの安全性を検証したりすること。→ハッカー
[補説]2について、悪意ある不正行為はクラッキングと呼んで区別することが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ハッキング【hacking】

コンピューターに関する専門的な知識や技術を活かし、コンピューターシステムやネットワークの弱点を見つけたり指摘したりすること。
➁コンピューターに関する専門知識を悪用して他のコンピューターに侵入し、ファイルの改ざんや破壊などの不正行為をすること。◇➊からの転。近年は「クラッキング」と呼んで区別する場合が多い。⇒ハッカー

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ハッキング【hacking】

コンピューターに熱中すること。
不法に他のコンピューター-システムに侵入し、データの改変やコピーを行うこと。
バスケット-ボールの反則の一。ボールを持っている選手の手などをはたくこと。
ラグビーの反則の一。故意に相手チームの選手の脛すねを蹴ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハッキング
はっきんぐ
hacking

コンピュータシステムやネットワークに関する高い知識や技術をもつ人が、プログラムや通信システムの解析、改良、改造、構築などに積極的に取り組むこと。単にハックともいう。また、ハッキングを行う人をハッカーとよぶ。
 現在は、一部のマスコミなどによる誤用が浸透して、ネットワークに不正アクセスする、システムを破壊するなどの犯罪をさすことばとしても使われる。そのような行為は、本来は、クラッキングcrackingやクラックcrackというのが正しい。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハッキングの関連キーワードクリントン氏陣営のメール流出問題クラッキング(コンピュータ)「ロシア疑惑」とコミー・メモコンピューターネットワークソーシャルエンジニアリングイリーガルユースオブハンズペネトレーションテストGoogleハッキングセキュリティーポリシービットコイン消失事件ショルダーサーフィン不正アクセス禁止法WikiLeaksパスワードクラックno guardショルダーハックハックティビストハックティビズムバスケットボールFirefox

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハッキングの関連情報