コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナグモ Misumenops tricuspidatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナグモ
Misumenops tricuspidatus

クモ綱クモ目カニグモ科。雌の体長 5mm,雄はやや小さい。黄緑色の美しい種で,成体になると雌の腹部背面に八字形の褐色斑が現れる。雄の頭胸部と歩脚は褐色。初夏から秋にかけて草木の葉上を徘徊し,花の陰にひそんで飛来する昆虫類を捕える。前脚を2本ずつそろえて方向探知器のようにゆっくりと動かす動作が特徴的。日本全国に分布し,市街地の緑地でも普通にみられる。 (→カニグモ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナグモ
はなぐも / 花蜘蛛
[学]Misumenops tricuspidatus

節足動物門クモ形綱真正クモ目カニグモ科に属するクモ。雌は全体黄緑色の美しいクモで、雌の成体では腹部に褐色の斑紋(はんもん)が現れる。体長5、6ミリ。雄は小形で腹部は緑色であるが、頭胸部や歩脚は褐色で3、4ミリ。多く花の陰で待ち伏せ、花を訪れる昆虫を捕食する。ほとんど年中みられるが、4、7、8、10月にとくに多い。旧北区系のクモで、日本では北海道から南西諸島にかけて広く分布する。近縁の小形種にコハナグモがある。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハナグモの関連キーワード蟹蜘蛛花曇

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android