コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナノミ ハナノミ Mordellidae

2件 の用語解説(ハナノミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナノミ
ハナノミ
Mordellidae

甲虫目ハナノミ科の昆虫の総称。特異な体形をもった甲虫で,体長 1.5~15mm。一般に体は細形で後方へ狭くなる。尾節の背板は細長く,三角ないしとげ状に伸び,上翅下から後方へ露出する。頭部は横に広く下を向き,また頭胸部下面は平たい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナノミ
はなのみ / 花蚤

昆虫綱甲虫目ハナノミ科Mordellidaeの昆虫の総称。世界各地に分布しており、少なくとも1000種以上が知られ、日本からも150以上の種が記録されている。体長1.5~15ミリメートル。体は一般に細形で後方へ細まり、両側から圧せられ下から上へ広がる特異な形をしており、頭は下向きで首は細く、尾節の背板は三角ないし棘(きょく)状に後方へ伸びるのが普通である。触角は糸状、前・中脚は細いが後脚は太く、跳躍に役だち、つめは櫛(くし)状。クロハナノミ属Mordellaをはじめ花に集まる種類が多く、花上や葉上にみられるが、一部の類、オビハナノミ属Glipa、モンハナノミ属Tomoxiaなどは枯れ木や倒木に集まり、それらの幼虫は枯れ木中にすみ、後者は肉食であるともいわれる。背部に点紋のあるホシハナノミ類Hoshihananomiaは花にくるが、幼虫はキノコにすむものがあり、キノコホシハナノミCurtimorda maculosaは成虫もキノコにいる。小形のヒメハナノミ類Mordellisteniniはやはり花にくるが、幼虫は植物の茎や葉に潜入するので、害虫になるものもある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハナノミの関連キーワードオオハナノミ蟻塚虫牙虫穀盗人猿葉虫花蚤花潜短截象虫葉虫ハナノミ(花蚤)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナノミの関連情報