コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナノミ Mordellidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナノミ
Mordellidae

甲虫目ハナノミ科の昆虫の総称。特異な体形をもった甲虫で,体長 1.5~15mm。一般に体は細形後方へ狭くなる。尾節の背板は細長く,三角ないしとげ状に伸び,上翅下から後方へ露出する。頭部は横に広く下を向き,また頭胸部下面は平たい。触角は短い。前胸背は全体で最も幅広く,その側縁は稜状。前・中肢は細いが,後肢はじょうぶで,はねるのに適した形態となっている。成虫は初夏から盛夏にかけて花や葉上にみられるが,一部の大型のものは枯れ木倒木におり,キノコ上にいるものもある。北半球温帯に多く,日本には 150種ほどがいる。ノミのようにとび,花に集るので「花蚤」の名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナノミ
はなのみ / 花蚤

昆虫綱甲虫目ハナノミ科Mordellidaeの昆虫の総称。世界各地に分布しており、少なくとも1000種以上が知られ、日本からも150以上の種が記録されている。体長1.5~15ミリメートル。体は一般に細形で後方へ細まり、両側から圧せられ下から上へ広がる特異な形をしており、頭は下向きで首は細く、尾節の背板は三角ないし棘(きょく)状に後方へ伸びるのが普通である。触角は糸状、前・中脚は細いが後脚は太く、跳躍に役だち、つめは櫛(くし)状。クロハナノミ属Mordellaをはじめ花に集まる種類が多く、花上や葉上にみられるが、一部の類、オビハナノミ属Glipa、モンハナノミ属Tomoxiaなどは枯れ木や倒木に集まり、それらの幼虫は枯れ木中にすみ、後者は肉食であるともいわれる。背部に点紋のあるホシハナノミ類Hoshihananomiaは花にくるが、幼虫はキノコにすむものがあり、キノコホシハナノミCurtimorda maculosaは成虫もキノコにいる。小形のヒメハナノミ類Mordellisteniniはやはり花にくるが、幼虫は植物の茎や葉に潜入するので、害虫になるものもある。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハナノミの関連キーワードハナノミ(花蚤)台湾黒大花蚤偽扁角長花蚤赤腹蜂寄生虫偽褄赤円花蚤黄色舟形花蚤オオハナノミ栗色角長花蚤黄胸円花蚤二紋姫花蚤小黒姫花蚤根白紋花蚤黒舟形花蚤キノコムシ六星円花蚤無紋大花蚤雄黒大花蚤枝角円花蚤淡色姫花蚤枝角長花蚤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android