コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナヤサイサンゴ ハナヤサイサンゴPocillopora damicornis

3件 の用語解説(ハナヤサイサンゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナヤサイサンゴ
ハナヤサイサンゴ
Pocillopora damicornis

刺胞動物門花虫綱イシサンゴハナヤサイサンゴ科。群体は二叉分岐を繰り返して成長し,直径 15~20cmのカリフラワーに似た塊になる。枝は太いが,先端で分かれた細枝の頂端部に直径 1~1.5mmの莢が密集して不規則な多角形になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナヤサイサンゴ【Pocillopora damicornis】

花虫綱六放サンゴ亜綱ハナヤサイサンゴ科の腔腸動物(刺胞動物)。伊豆諸島以南から西太平洋インド洋サンゴ礁に広く分布し,干潮線付近から水深5mくらいまでの岩礁上に見られるカリフラワー(ハナヤサイ)のような群体の形からこの名がある。群体は直径10~20cmで,枝から枝に分かれ,先端では小さないぼ状の細枝になる。おのおのの細枝の頂端部には直径1~1.5mmの莢(きよう)が密集して不規則な多角形になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナヤサイサンゴ
はなやさいさんご / 花野菜珊瑚
[学]Pocillopora damicornis

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目ヤサイサンゴ科に属する海産動物。インド洋、太平洋のサンゴ礁浅海に普通に産する。群体は二叉(にさ)分岐を繰り返し、直径10~20センチメートルの塊状をなす。群体の形状が花野菜(カリフラワー)に似るところからこの名がある。ムカシサンゴ亜目のなかで、隣接する莢(きょう)の間に発達する骨格であるペリテカをもち、そのペリテカが無孔性のヤサイサンゴ科に属する。この類の骨格表面は莢がほぼ密接し、ペリテカがないようにみえるが、莢は下方に向かって狭くなり、そこにペリテカが発達する。隔壁が痕跡(こんせき)的にしかないことによってヤサイサンゴ科のほかの属から区別される。生時、群体は淡紅色か濁緑褐色をしていて、ポリプは淡紅色、触手は透明で12本。昼夜を問わずポリプを伸ばす。紀伊半島以南の潮間帯から数メートルの岩礁地に普通にみられる。枝間に種々のサンゴガニがすみ、サンゴヤドリガニが虫こぶをつくって寄生する。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone