コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバノリ

海藻海草標本図鑑の解説

ハバノリ

からだは柔らかい笹の葉状。小さな盤状の付着器から数枚の笹の葉状の葉を出す。波の荒いところでは葉の幅は狭くなる傾向がある。冬〜春にかけて繁茂する。生体は茶褐色〜緑褐色。押し葉標本は台紙によく付く。近縁種にセイヨウハバノリがある。顕微鏡で内部構造を観察すると,ハバノリの髄層には糸状細胞が多数みられるが,セイヨウハバノリの髄層には大型細胞が2層〜3層並ぶ。銚子には,両者の中間のような,髄層に大型細胞と糸状細胞が同時に見られる藻体が確認されており,今後,検討する必要がある。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハバノリ

ハバモ,ハンバとも。褐藻類カヤモノリ科の海藻。体は長さ約25cm,黄褐色薄膜質の葉状となる。日本各地の潮間帯の岩礁上にはえ,冬〜春に繁茂。酢の物,汁の実などとし,乾燥して海苔(のり)をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハバノリ
はばのり / 幅海苔
[学]Endarachne binghamiae J. Agardh

褐藻植物、カヤモノリ科の海藻。鮮褐色を呈し、粗い手ざわりの薄膜質をもつ、無分岐の葉状体(ササの葉状となるものが多い)。体長15センチメートル以内、幅5センチメートル以内で、下半部はしだいに細まって小付着根となる。外海の岩礁上の潮間帯上層に生育する一年生藻で、晩秋から初夏にかけて繁茂する。分布は温海域全般にわたる。ハバノリに似た海藻にハバモドキPunctaria latifolia、セイヨウハバノリPetalonia fasciaがあるが、三者とも抄製乾燥品にされ、あぶってふりかけ海苔(のり)とし、その香気を賞味する。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハバノリの関連キーワードハバノリ(羽葉苔)ノリ(海苔)イスズミブダイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハバノリの関連情報