コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマギク

百科事典マイペディアの解説

ハマギク

キク科の亜低木。関東〜東北地方の太平洋側の海岸にはえ,庭にも植えられる。茎は太く,高さ0.5〜1m。葉は対生し肉質で光沢がある。頭花は径約6cm,白色の舌状花と黄色の筒状花からなり,9〜11月開花。
→関連項目キク(菊)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマギク
はまぎく / 浜菊
[学]Chrysanthemum nipponicum Matsum.

キク科の多年草。茎は木化して基部から叢生(そうせい)し、高さ0.5~1メートル。葉は互生し、匙(さじ)形で無柄、質は厚く、表面は光沢がある。9~11月、径約6センチメートルの頭花をつける。頭花は白色の舌状花と黄色の管状花からなり、やや長い柄がある。海岸の崖(がけ)や砂丘に生え、青森県から茨城県の太平洋側に分布する。江戸時代から栽培されている。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマギクの関連キーワードシャスタデージー姫浜菊ゲノム倍数性秋牡丹キク

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハマギクの関連情報