ハマギク

百科事典マイペディアの解説

ハマギク

キク科の亜低木。関東〜東北地方の太平洋側の海岸にはえ,庭にも植えられる。茎は太く,高さ0.5〜1m。葉は対生し肉質で光沢がある。頭花は径約6cm,白色の舌状花と黄色の筒状花からなり,9〜11月開花。後に,長さ3mm内外で冠毛のある果実を結ぶ。
→関連項目キク(菊)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマギク
はまぎく / 浜菊
[学]Chrysanthemum nipponicum Matsum.

キク科の多年草。茎は木化して基部から叢生(そうせい)し、高さ0.5~1メートル。葉は互生し、匙(さじ)形で無柄、質は厚く、表面は光沢がある。9~11月、径約6センチメートルの頭花をつける。頭花は白色の舌状花と黄色の管状花からなり、やや長い柄がある。海岸の崖(がけ)や砂丘に生え、青森県から茨城県の太平洋側に分布する。江戸時代から栽培されている。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハマギクの関連情報