コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマハタザオ

百科事典マイペディアの解説

ハマハタザオ

ハタザオ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマハタザオ
はまはたざお / 浜旗竿
[学]Arabis stelleri DC. var. japonica (A. Gray) Fr. Schm.

アブラナ科の越年草。茎は低くて直立し、全草に星状毛がある。茎葉は長楕円(ちょうだえん)形で先は丸く、根出葉とともに質は厚く、不整の歯牙(しが)があり、基部は耳状で広く茎を抱く。5~7月、白色花を開く。果実は多くが花軸に平行に並び、束状になる。海岸の砂地に普通に生え、本州、四国、対馬(つしま)、および朝鮮半島、ウスリー、樺太(からふと)(サハリン)に分布。基本種は花柱が短く、千島列島北部、カムチャツカに分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハマハタザオの言及

【ハタザオ(旗竿)】より

…日本にも10種ほどがみられる。ハマハタザオA.stelleri DC.は海岸の砂地に生える越年草。全体に星状に分岐した毛があってざらつく。…

※「ハマハタザオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハマハタザオの関連キーワードカムチャツカ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android