コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハモグリガ

2件 の用語解説(ハモグリガの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハモグリガ

ハムグリガとも。鱗翅(りんし)目モグリガ科,ハモグリガ科など幼虫が植物の葉肉内に潜入する小型のガの総称。種類によって加害植物が一定しているが,中には数種の植物に加害するものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハモグリガ
はもぐりが / 葉潜蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目ハモグリガ科Lyonetiidaeの総称であるが、幼虫が潜葉性で葉の組織を内部から食べるガを総称するときは、ハモグリガの英名としてleaf mining mothとよぶが、ハモグリガ科に限定するときは、とくに英名はない。大きくともはねの開張13ミリくらいで、小形のものは開張5ミリしかない。はねは非常に細く(披針(ひしん)形)、前翅翅頂部は長く伸びている。前翅は純白で、翅頂近くに帯状の斑紋(はんもん)と、黒紋をもつ美しい種が多く、前後翅後縁部の縁毛は、はねの幅よりはるかに長い。はねが細いため、翅脈の退化は著しい。北半球に種の数が多く、日本産として学名をもつものは20種に満たないが、将来多くの未発見種が学界に登録されるものと考えられる。
 幼虫の大部分が潜葉性で、腹脚は四対、老熟するとハンモック状の繭、あるいは絹糸の束で覆われた繭をつくる。ヒルガオモグリガはサツマイモ、アサガオなどヒルガオ科の葉に、クリハモグリガはクリやクヌギの新葉に、ツツジハモグリガはヤマツツジなどの葉に、モモハモグリガはモモ、サクラ、リンゴなどの葉に潜る。幼虫が内部の組織を食べたあとのトンネルは半透明になり、葉に文字を書いたような感じからジカキムシともよばれる。種ごとにその食痕(しょくこん)が異なる。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone