コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラレ Harare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラレ
Harare

ジンバブエ首都。旧ソールズベリー Salisbury。同国北東部,マショナマンド地方,標高 1472mの高地に位置。熱帯にあるが高地のため気候は温和で,年平均気温 18.7℃,年降水量 897mm。 1890年イギリス南アフリカ会社が城塞を築いたのが町の起源で,旧地名は当時のイギリス首相ソールズベリー卿にちなむ。 1899年モザンビークのベイラ港と鉄道で結ばれて発展,第2次世界大戦後,飛躍的に工業化が進み,商工業の中心地となった。 1953~63年ローデシア=ニアサランド連邦の首都となり,1980年ジンバブエ独立に伴い首都の地位を継承。バージニアタバコの主産地である農業地帯と金鉱を控え,鉄鋼,織物をはじめ,それらの加工業が盛ん。たばこ,砂糖,乳製品,金などを集散。街路樹のある大通りが交差し,近代的な高層建築が並ぶ。教会,図書館,博物館,美術館,各種研究機関,大学,病院など教育,文化施設も完備。東郊 13kmのケンタッキー国際空港があり,隣接諸国からの道路,鉄道も集中する。人口 160万6000(2009推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハラレ

ジンバブエの首都。かつてはソールズベリSalisburyといわれたが,1982年改称。標高1600m。農業地帯の中心にあり,付近に金,クロムの鉱山がある。1890年セシル・ローズが建設した町で,長く白人の入植基地であり,白人人口が多い。
→関連項目ジンバブエ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハラレ【Harare】

アフリカ南部,ジンバブウェ共和国の首都。人口118万9000(1992)。標高1484mの高原にあり,爽涼な気候に恵まれる。旧称ソールズベリーSalisburyで,1982年4月現名に改称した。金鉱地帯の中心で,タバコ,トウモロコシ,ワタ,かんきつ類などの集散地であり,食品加工,タバコ,飲料,肥料,家具,建設資材,化学薬品,精糖,鉄鋼,石油などの各種工業も発達している。モザンビークや南アフリカ共和国に通じる鉄道・道路網の要衝であり,国際空港もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ハラレ【Harare】

ジンバブエ共和国の首都。同国北部の海抜1478メートルの高原に位置する。タバコの集散地。旧称、ソールズベリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ハラレの関連キーワードグレートアルバート・ジョン ルツーリソールズベリー(ジンバブエ)カースティ コベントリージンバブエ(遺跡)ジンバブエ経済危機フランシスタウンアフリカ統一機構ワシントン条約マショナランドクウェクウェマレチェラガボローネハラーレグウェルムゾレワブラワヨサビ川ンコモムタレ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android