コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラレ ハラレ Harare

4件 の用語解説(ハラレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラレ
ハラレ
Harare

ジンバブエの首都。旧ソールズベリー Salisbury。同国北東部,マショナマンド地方,標高 1472mの高地に位置。熱帯にあるが高地のため気候は温和で,年平均気温 18.7℃,年降水量 897mm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハラレ

ジンバブエの首都。かつてはソールズベリSalisburyといわれたが,1982年改称。標高1600m。農業地帯の中心にあり,付近に金,クロムの鉱山がある。1890年セシル・ローズが建設した町で,長く白人の入植基地であり,白人人口が多い。
→関連項目ジンバブエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハラレ【Harare】

アフリカ南部,ジンバブウェ共和国の首都。人口118万9000(1992)。標高1484mの高原にあり,爽涼な気候に恵まれる。旧称ソールズベリーSalisburyで,1982年4月現名に改称した。金鉱地帯の中心で,タバコトウモロコシ,ワタ,かんきつ類などの集散地であり,食品加工,タバコ,飲料,肥料,家具,建設資材,化学薬品,精糖,鉄鋼,石油などの各種工業も発達している。モザンビーク南アフリカ共和国に通じる鉄道・道路網の要衝であり,国際空港もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハラレ【Harare】

ジンバブエ共和国の首都。同国北部の海抜1478メートルの高原に位置する。タバコの集散地。旧称、ソールズベリ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハラレの関連キーワードガボローネマプトハボローネハラーレ南部アフリカガベロネスジンバブウェジンバブウェ[遺跡]ジンバブウェ・アフリカ人民同盟ジンバブウェ・アフリカ民族同盟

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハラレの関連情報