コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリバドラ Haribhadra

2件 の用語解説(ハリバドラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハリバドラ【Haribhadra】

8世紀ころのインドジャイナ教白衣(びやくえ)派の学匠。生没年不詳。ジナバドラJinabhadra(ジナバタJinabhaṭaなどともいう)の弟子とされる。西インドで活躍し,多方面にわたって数多くの著述を残した。彼は聖典に対してサンスクリットで注釈を書いた最初の人であると同時に,また俗語マーハーラーシュトリーで書かれた有名な宗教説話文学《サマラーイッチャカハー》の作者としてインドの物語文学の発達にも寄与した。

ハリバドラ【Haribhadra】

800年ころの後期インド仏教思想家。生没年不詳。マイトレーヤ(弥勒)作とされる《現観荘厳論》に,《大注》(《現観荘厳光明》)と《小注》という2種の注釈を著したことにより,後世に影響を与えた。《現観荘厳論》は,《八千頌般若経》に対する一種の綱要書であり,本来唯識派との関連が深いが,ハリバドラはこれを中観派の立場から注釈した。とくにシャーンタラクシタとの思想的類似性のゆえに,チベットではその弟子と見なされることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハリバドラの関連キーワード韓非尸子出定笑語申不害鄒衍僧肇思想家自由思想家仏説インドアーリアン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone