コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルゼミ ハルゼミTerpnosia vacua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルゼミ
Terpnosia vacua

半翅目同翅亜目セミ科。体長 (翅端まで) は雄 35~37mm,雌 30~35mm。体は大部分が黒褐色で,雄はほとんど黒色で金色の微毛におおわれ,雌では頭部および胸部の背面に褐色斑がある。雄の腹部は大きく袋状で,腹弁 (共鳴器) が短く,左右が大きく離れる。翅は透明。4~6月頃出現し,「じーわ,じーわ」と合唱する。マツ林に多いのでマツゼミ,またはマツムシなどとも呼ばれる。本州,四国,九州に分布する。近縁のエゾハルゼミ T. nigricostaはやや大型で,頭部および胸部は緑色地に黒色斑があり,腹部の大部分は黄褐色である。6~7月頃山地に産し,「みょーきん,みょーきん,けけけけ」と合唱する。北海道,本州,四国,九州,中国に分布する。 (→セミ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハルゼミ

半翅(はんし)目セミ科の昆虫。マツゼミとも。北海道を除く日本の特産種だが寒冷地にはいない。体長(翅端まで)35mm内外。黒色,ときに胸背に暗黄褐色の斑紋が現れる。
→関連項目セミ(蝉)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルゼミ
はるぜみ / 春蝉
[学]Terpnosia vacua

昆虫綱半翅目(はんしもく)同翅亜目セミ科Cicadidaeの昆虫。体長22~30ミリメートルのやや小形のセミで、雄では体全体が黒色、雌には多くの褐色紋がある。はねは透明。雌の産卵管は腹端を越えて伸長する。雄の腹部は大きく樽(たる)状で、中は空洞である。本州、四国、九州に分布し、国外では中国から知られる。日本本土ではもっとも早く出現するセミで、その名のとおり春季つまり5、6月に現れる。マツ林に限ってすみ、雄は横枝上に止まってムゼームゼー……と鳴く。合唱性があり、仲間の声だけでなく、飛行機やオートバイなどの音で合唱を始めることがしばしばある。近縁種にエゾハルゼミT. nigricostaが知られる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハルゼミの関連キーワード千葉県茂原市上永吉笠間県立自然公園新潟県糸魚川市茨城県笠間市千葉県茂原市ヒメハルゼミ笠間(市)夷隅[町]茂原(市)松蝉・松蟬糸魚川市鳳来寺山笠間市筑波山茂原市能生松蝉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハルゼミの関連情報