コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルゼミ ハルゼミ Terpnosia vacua

3件 の用語解説(ハルゼミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルゼミ
ハルゼミ
Terpnosia vacua

半翅目同翅亜目セミ科。体長 (翅端まで) は雄 35~37mm,雌 30~35mm。体は大部分が黒褐色で,雄はほとんど黒色で金色の微毛におおわれ,雌では頭部および胸部の背面に褐色斑がある。雄の腹部は大きく袋状で,腹弁 (共鳴器) が短く,左右が大きく離れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハルゼミ

半翅(はんし)目セミ科の昆虫。マツゼミとも。北海道を除く日本の特産種だが寒冷地にはいない。体長(翅端まで)35mm内外。黒色,ときに胸背に暗黄褐色の斑紋が現れる。
→関連項目セミ(蝉)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルゼミ
はるぜみ / 春蝉
[学]Terpnosia vacua

昆虫綱半翅目(はんしもく)同翅亜目セミ科Cicadidaeの昆虫。体長22~30ミリメートルのやや小形のセミで、雄では体全体が黒色、雌には多くの褐色紋がある。はねは透明。雌の産卵管は腹端を越えて伸長する。雄の腹部は大きく樽(たる)状で、中は空洞である。本州、四国、九州に分布し、国外では中国から知られる。日本本土ではもっとも早く出現するセミで、その名のとおり春季つまり5、6月に現れる。マツ林に限ってすみ、雄は横枝上に止まってムゼームゼー……と鳴く。合唱性があり、仲間の声だけでなく、飛行機やオートバイなどの音で合唱を始めることがしばしばある。近縁種にエゾハルゼミT. nigricostaが知られる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハルゼミの関連キーワード半翅類ベッコウハゴロモ同翅類ヒメハルゼミ熊蝉角蝉イシガキニイニイオガサワラゼミセミ(蟬)ツノゼミ(角蟬)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハルゼミの関連情報