ハルタデ(読み)はるたで

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルタデ
はるたで / 春蓼
[学]Polygonum persicaria L.

タデ科の一年草。茎は直立して上部は分枝し、高さ30~60センチメートル、柔毛があり、紅紫色を帯びる。葉は短柄があって互生し、広披針(こうひしん)形で先端はとがり、深緑色で葉面にまばらな毛と黒斑(こくはん)がある。葉鞘(ようしょう)は筒状で縁毛がある。5~6月、紅白色を帯びた、短円柱形の花を密生する。花柄にまばらな腺毛(せんもう)がある。痩果(そうか)は三稜(さんりょう)形、黒褐色で光沢がある。日本、およびユーラシア大陸、北アメリカの温暖帯に広く分布し、日本へは、古代農耕文化とともに帰化したものと思われる。名は、花が春に開くことによる。ヨーロッパでは亜麻(あま)を黄緑色に染めるのに本種の葉を用いる。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハルタデの言及

【イヌタデ】より

… イヌタデに似た雑草性のタデ類は何種かある。ハルタデP.persicaria L.(イラスト)は直立し,高さ30~60cm,葉と葉鞘に軟毛があり,果実はレンズ形と三稜形の堅果が一つの花序に混在する。北半球温帯の農耕雑草である。…

※「ハルタデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android