コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンキン ハンキンHankin, St. John

2件 の用語解説(ハンキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンキン
ハンキン
Hankin, St. John

[生]1869. サウサンプトン
[没]1909. ウェールズ,ラドナ
イギリスの劇作家。グランビル=バーカーや G.B.ショーとともにエドワード朝演劇復興の一翼をになって新劇運動を展開。『放蕩児帰る』 The Return of the Prodigal (1905) をはじめとする写実喜劇で,中産階級の因襲に痛烈な皮肉と冷笑を浴びせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンキン
はんきん
Edward Charles St. John Hankin
(1869―1909)

イギリスの劇作家。『2人のウェザビー氏』(1903)をはじめ、放蕩(ほうとう)息子が体面を重んじる父や兄から金をせしめる話を扱った『放蕩息子の帰宅』(1905)など、彼の作品はほとんどが中流・上流階級を扱った風刺劇で、流れとしてはG・B・ショーを中心とする写実的問題劇に属するが、観念が先行して人物に情緒が乏しく、しかも風刺が度を超えて冷笑になっているので、構成が巧みなわりには人気がない。[中野里皓史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハンキンの関連キーワード藩学一覧プロボクシングの階級広島東洋カープ公孫氏政権女性参政権インドネシアの要覧実業之日本伊庭八郎大村益次郎神代直人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンキンの関連情報