コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンキン Hankin, St. John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンキン
Hankin, St. John

[生]1869. サウサンプトン
[没]1909. ウェールズ,ラドナ
イギリスの劇作家。グランビル=バーカーや G.B.ショーとともにエドワード朝演劇復興の一翼をになって新劇運動を展開。『放蕩児帰る』 The Return of the Prodigal (1905) をはじめとする写実喜劇で,中産階級の因襲に痛烈な皮肉と冷笑を浴びせた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンキン
はんきん
Edward Charles St. John Hankin
(1869―1909)

イギリスの劇作家。『2人のウェザビー氏』(1903)をはじめ、放蕩(ほうとう)息子が体面を重んじる父や兄から金をせしめる話を扱った『放蕩息子の帰宅』(1905)など、彼の作品はほとんどが中流・上流階級を扱った風刺劇で、流れとしてはG・B・ショーを中心とする写実的問題劇に属するが、観念が先行して人物に情緒が乏しく、しかも風刺が度を超えて冷笑になっているので、構成が巧みなわりには人気がない。[中野里皓史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハンキンの関連キーワードL.A.大捜査線 マーシャル・ローエリック ツァンガーデニングユン ピョウ12月11日文化社会学父帰る

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンキンの関連情報