コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問題劇 もんだいげき problem play

3件 の用語解説(問題劇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

問題劇
もんだいげき
problem play

観客を単に情緒的に楽しませるだけではなく,社会制度や道徳などの矛盾に焦点をあて,問題を提起する演劇。イプセンの『人形の家』 (1879) や『民衆の敵』 (83) はその代表的作品。ただし,狭い意味では,シェークスピアの『終りよければすべてよし』『トロイラスとクレシダ』『以尺報尺』など,リアリズムロマンスの要素とが入り交り,さまざまな解釈が可能な,問題の多い作品を問題劇または問題喜劇と呼ぶことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もんだい‐げき【問題劇】

同時代的な社会問題などを提起し、これに対する観客の注意や考察を喚起する劇。イプセンゴールズワージーショーなどの戯曲に多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もんだいげき【問題劇】

作者と同時代の当面する重要な社会問題を提示し、注意を喚起する劇。イプセン・ストリンドベリ・ズーダーマン・ショーなどの近代劇に多くの例が見られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の問題劇の言及

【イギリス文学】より

…この時代の趣味によりよくかなっていたのはD.L.ブーシコーの軽い喜劇や,W.S.ギルバートとA.S.サリバン共作の〈サボイ・オペラ〉(《ミカド》(1885),その他)や,世紀末を飾るワイルドの傑作風習喜劇《まじめが大切》(1895初演)だった。とはいうものの,19世紀の時代精神がより真剣に求めていたのは,小説におけるリアリズムと同じく,イプセン劇に見られるような〈問題劇〉,すなわち社会的現実に対決し偽善や不正を暴く演劇であった。リットンからH.A.ジョーンズやピネロをへて強まってきたこの志向は,バーナード・ショーにいたって,風刺的な機知やユーモアと結びつき,イギリス的な〈ウェルメード・プレー〉の伝統を豊かに社会化する。…

【近代劇】より

…このような時代背景の中で,個我の目覚めと市民的自由を追求した近代芸術は,必然的に同時代社会の諸矛盾に批判の光を投げかけるものとなった。近代リアリズム演劇もまた,社会問題から人間の内面的問題にまで及ぶ〈問題劇〉たる性格をあらわにする(社会劇)。この種の劇は既成劇場でなかなか受け入れられず,若い演劇人による〈小劇場〉運動によって広められていったが,その運動はヨーロッパの外までも波及し,日本では明治後期から形をなしてくる〈新劇〉運動の基盤ともなった。…

【社会劇】より

…一般には19世紀ヨーロッパのリアリズム演劇のなかで,近代社会のもろもろの問題をとりあげ現状を批判的に描いた作品を指す。〈社会問題劇〉または単に〈問題劇〉ともいう。フランスのデュマ・フィスやÉ.オージェの劇は〈問題劇pièce à thèse〉と呼ばれたが,問題の掘下げ方は表面的だった。…

※「問題劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

問題劇の関連キーワード情緒的ベネフィット情緒的便益軋ませる生活者高嶺の花楽しませる目を楽しませる噛ませるソフトセル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

問題劇の関連情報