(読み)あ

精選版 日本国語大辞典「畔」の解説

あ【畔】

〘名〙 「あぜ」のこと。上代、中古に用いられた。
※古事記(712)上「天照大御神の営田(つくだ)の阿(ア)〈此の阿の字は音を以ゐよ〉を離ち、其の溝を埋め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「畔」の解説

くろ【畔/×畦/×壠】

土を盛り上げた田畑の境。あぜ。
小高くなった所。

はん【畔】[漢字項目]

常用漢字] [音]ハン(漢) [訓]あぜ くろ ほとり
田と田とを分ける境界。あぜ。「畦畔(けいはん)
ある場所の周辺。ほとり。「河畔湖畔江畔池畔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android