コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンコック ハンコック Hancock, John

5件 の用語解説(ハンコックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンコック
ハンコック
Hancock, John

[生]1737.1.12. マサチューセッツブレーントリー
[没]1793.10.8. マサチューセッツ,ブレーントリー
アメリカ独立革命期の商人,政治家。独立宣言の最初の署名者。 1754年ハーバード大学を出て,ボストンでおじの養子となり,その死 (1764) 後,資産と事業を継ぎ,イギリス本国の重商主義政策に抵抗。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハンコック
ハンコック
Hancock, Herbie

[生]1940.4.12. シカゴ
アメリカジャズピアニスト,作曲家。初めクラシックを学び,11歳でシカゴ交響楽団と共演。ルーズベルト大学などで学んだのち,1960年 D.バードクインテットに参加,また『ウォーターメロン・マン』の作曲で注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハンコック

米国のジャズ・ピアノ奏者,作曲家。11歳のときにシカゴ交響楽団と共演。後に作曲を学び,《ウォーターメロン・マン》で脚光を浴びた。1964年にはM.デービスのクインテットでピアノを担当,同時に映画音楽の分野でも活躍し,幅広い音楽活動を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハンコック【John Hancock】

1737‐93
アメリカ独立革命の指導者。ハーバード大学卒業。ボストンの富裕な貿易商人。密貿易に従事し,その関係もあってイギリスの重商主義政策強化に反対,しだいに政界で重きをなし,急進派の指導者の一人となる。1775年5月第2回大陸会議の議長に選ばれ,〈独立宣言〉には大きな字で署名している。80‐85年,87‐93年の間マサチューセッツ州知事を務める。民衆に人気があった。【斎藤 眞】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンコック
はんこっく
Herbie Hancock
(1940― )

アメリカのジャズ・ピアノ奏者。本名ハーバート・ジェフリー・ハンコックHerbert Jeffrey Hancock。シカゴの音楽好きの家庭に生まれ、7歳からピアノを習いはじめる。11歳でシカゴ・シンフォニーオーケストラと共演し、モーツァルトのピアノ協奏曲を演奏するなど、少年期はクラシック音楽に親しむ。中学に入るころからリズムアンドブルースに興味を覚え、ジャズに出会ったのはハイ・スクール時代、ラジオ番組を通じてだった。アイオワ州のグリネル・カレッジ電子工学科に進学するが、途中で芸術専攻に転科し、ギル・エバンズオリバーネルソンOliver Nelson (1932―1975、テナー・サックス)らのジャズ作・編曲技術に関心を示す。
 1960年卒業と同時にシカゴに戻り、当地のジャズ・クラブ「バードハウス」で、テナー・サックス奏者コールマン・ホーキンズのサイドマンを2週間務める。また、トランペット奏者ドナルド・バードDonald Byrd(1932―2013)とバリトン・サックス奏者ペッパー・アダムズPepper Adams (1930―1986)の双頭クインテットとも共演する。これが縁で翌1961年、ニューヨークに赴(おもむ)き同クインテットの正式メンバーとなり、初レコーディング『アウト・オブ・ジス・ワールド』を経験する。1962年ブルーノート・レーベルに初リーダー作『テイキン・オフ』を録音、収録曲「ウォーターメロン・マン」を、パーカッション奏者モンゴ・サンタマリアMongo Santamaria (1922―2003)が取りあげ1963年に大ヒットし、ハンコックの作曲家としての名が知られるようになる。
 1963年トランペット奏者マイルス・デービスのバンドに加わり、1968年までサイドマンとしてアルバム『フォー&モア』『マイルス・イン・ベルリン』(ともに1964)、『E. S. P. 』(1965)などに名を連ねる。またこの間多数のリーダー作品も残し、1965年の『処女航海』は、1960年代若手ミュージシャンによって形成された「新主流派」の代表作として有名。1970年代にはエレクトリック・ピアノ、シンセサイザーを採用し、1973年、ファンク色の強いアルバム『ヘッドハンターズ』の大ヒットで一躍ジャズ・シーンの注目を集める。
 1976年、トランペット奏者フレディ・ハバード、テナー・サックス奏者ウェイン・ショーター、ベース奏者ロン・カーターRon Carter(1937― )、ドラム奏者トニー・ウィリアムズTony Williams(1945―1997)と、スペシャル・バンド「V. S. O. P. 」を結成。これは本来、休養中のマイルスをシーンによび戻すための企画が流れたため、ハバードをマイルスの代役とした一度だけの試みのはずが好評のため、1970年代後半はこのバンドで世界中をツアーして回ることになる。 1983年、ベース奏者ビル・ラズウェルのアイディアを採用したヒップ・ホップ・アルバム『フューチャー・ショック』が大ヒットし、この路線を踏襲したハンコック率いる「ロック・イット・バンド」でツアーを行う。1985年、ベルトラン・タベルニエ監督のジャズ映画『ラウンド・ミッドナイト』に出演、音楽監督も務める。1990年代以降もジャズ・シーンの主導的地位を占め、多くのジャズ・フェスティバルで最大級の扱いを受けるジャズ・ミュージシャンとなる。そのほかの代表作に『スピーク・ライク・ア・チャイルド』(1968)、『ニューポートの追想』(1976)、『ダイレクトステップ』(1978)などがある。
 彼のピアノ奏法は、ビル・エバンズ以降のピアノ奏者に絶大な影響を与えると同時に、ジャズ、ポップ・シーンにまたがる音楽状況にもキー・パーソンとしての足跡を残している。それは彼が作・編曲の能力を備えるとともに、クラシック音楽の教養、そしてストリート・ミュージックをも包括する、スケールの大きな音楽的バック・グラウンドをもっていたことと無関係ではない。[後藤雅洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンコックの関連キーワードアメリカ独立戦争アメリカ独立革命アメリカの学者ハーバード大学NSSAR革命の娘たちハーバード大学卒業式アメリカ独立党ハーバード大学経済調査委員会ハーバード大学図書館

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンコックの関連情報