コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーシム家 ハーシムけ Hāshim

2件 の用語解説(ハーシム家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーシム家
ハーシムけ
Hāshim

マホメットの曾祖父ハーシムの子孫の総称。ハーシムはメッカの隊商貿易の開拓者,その子アブドゥル・ムッタリブ (マホメットの祖父) はアビシニア (エチオピア) 軍によるメッカ攻撃の際の防戦の立役者で,ハーシム家はメッカのクライシ族のなかでも最も名誉ある家系の一つであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハーシムけ【ハーシム家 Hāshim】

イスラムの預言者ムハンマドが属していた家系。ムハンマドの曾祖父ハーシムを共通の祖先とする集団で,メッカの住民であったクライシュ族の一部であった。ムハンマドの青年時代には,ハーシム家はすでに名門ではあったが,政治的に際だって有力な集団ではなかったようである。ムハンマドが預言者として行動しはじめると,彼を迫害する勢力がハーシム家全体に対する村八分的な制裁を加えようとした。 ムハンマド没後,ハーシム家はムハンマドの家系(シャリーフ)としての独特の地位を占めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハーシム家の言及

【クライシュ族】より

…5代前の祖クサイイがカーバの管理権を奪い,近親者をメッカに定着させてから部族としてのまとまりをもつようになる。3代前の祖ハーシムHāshim(生没年不詳)の時代に遠隔地隊商貿易の組織化に成功し,祖父の時代に南アラビア軍の攻撃からメッカの聖域を守り,以後急速に発展する。クサイイ以後はクライシュ族には全体の首長はなく,十数の氏族がさまざまな権利・義務を分担していた。…

【家】より

… イスラム勃興期のアラブ社会に関する歴史史料では,家族から部族までの血縁集団は,すべて特定の祖先の名を採って〈某の子孫(バヌー)〉と呼ばれている。預言者ムハンマドの場合,彼は3代前の祖の名を採ったバヌー・ハーシム(ハーシム家)の一員であり,そのバヌー・ハーシムは,ハーシムの8代前の祖,ムハンマドから数えて11代前の祖であるクライシュの名を採ったバヌー・クライシュ(クライシュ族)の一部である。このバヌー何某という集団の構成員は,原理的には,その某の男系の子孫と彼らの妻・娘だけである。…

【クライシュ族】より

…イスラム勃興期,メッカに住んでいたアラブ部族。北アラブ系のキナーナ部族の支族で,預言者ムハンマドを生み,彼の11代前の祖先クライシュを共通の祖先としていた人々。5代前の祖クサイイがカーバの管理権を奪い,近親者をメッカに定着させてから部族としてのまとまりをもつようになる。3代前の祖ハーシムHāshim(生没年不詳)の時代に遠隔地隊商貿易の組織化に成功し,祖父の時代に南アラビア軍の攻撃からメッカの聖域を守り,以後急速に発展する。…

【ヒジャーズ】より

…しかし,ヒジャーズの政治的権力は永続きせず,ウマイヤ朝,アッバース朝,ファーティマ朝,オスマン帝国などカリフを自認する諸王朝は争ってこの地の支配権を求めた。第1次大戦後の1918年,クライシュ族の子孫でありメッカのシャリーフ職にあったハーシム家がイギリスの支援のもとにヒジャーズ王国を成立させた。 しかしナジュド地方で勢力を増していたアブド・アルアジーズ・ブン・サウードはやがてハーシム家と対決,24年にこれを打倒し,ヒジャーズを支配下におさめた。…

【ムハンマド】より

…カーバはアブラハムが建設したと信じられており,多くの神々の像が祀られていたが,神殿の〈主〉はアッラーであるとされていた。ムハンマドは当時のメッカの住民,クライシュ族のハーシム家に生まれた(図)。クライシュ族はムハンマドの5代前にメッカに定着し,3代前の時代から隊商を組織する国際商人に成長していた。…

【ヨルダン】より


[政治]
 現在のヨルダン・ハーシム王国は第1次世界大戦によって誕生の契機を与えられた国の一つである(それ以前の歴史については〈シリア〉の項目を参照されたい)。1916年6月イスラムの聖都メッカのシャリーフであったハーシム家フサインはオスマン帝国に対抗して〈アラブ反乱〉を起こし,アカバを占領,トランス・ヨルダン,シリアへ向かう足がかりを確保した。18年10月フサインの息子ファイサル1世に率いられたアラブ軍はイギリス軍とともにダマスクスに入城し,シリア(大シリア)は400年にわたるオスマン帝国の支配から解放された。…

※「ハーシム家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハーシム家の関連キーワード預言書ワーキディーアブーバクルヒジュラ暦ミッラージュムハンマドアブドゥフムハンマドイクバールイブン・サードウマル[1世]サハーバ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハーシム家の関連情報