コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイコヌール バイコヌール Baikonur

翻訳|Baikonur

6件 の用語解説(バイコヌールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイコヌール
バイコヌール
Baikonur

カザフスタンにある有人宇宙船打ち上げ基地。西シベリアアラル海北東,北緯 47°,東経 65°付近にあり,平原のなかに宇宙ロケット発射場,飛行管制センター,工場,宿舎など,宇宙基地 (コスモドロム) としての機能が完備している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バイコヌール(Baykonur)

中央アジア、カザフスタン中部にある宇宙基地。ソ連が1955年に建設し、ボストークの打ち上げなどを行った。ソ連解体後はロシアが使用している。名称は近隣の地名にちなみ、所在地はチュラタム。バイコニュール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バイコヌール

カザフスタン共和国内,アラル海の北東約300kmにある代表的なロシアのロケット発射場。ソ連時代からの基地で,1961年4月12日のボストーク1号打上げ以来著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バイコヌール【Baikonur】

中央アジア,カザフスタン共和国中央部のカラガンダ州西部,アラル海の北東約400kmにあるソ連時代からの重要な宇宙基地。いくつかの発射台,技術基地,測定所がある。1957年,世界最初の人工衛星の発射基地となり,61年の人類初の宇宙飛行士ガガーリン搭乗の宇宙ロケット〈ボストーク1号〉以来,〈ボスホード〉〈ソユーズ〉など数多くの有人宇宙船,軌道ステーションが打ち上げられた。【木村 英亮】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バイコヌール【Baikonur】

カザフスタン中部にある宇宙基地。1961年ガガーリンが乗る宇宙船ボストーク1号を打ち上げた地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイコヌール
ばいこぬーる
Байконур Baykonur

中央アジア、カザフスタン共和国のほぼ中央(カラガンダ州西部)に位置するバイコヌールの南西370キロメートル、アラル海の東160キロメートルにある宇宙基地。Baikonur,Bayqongyrとも表記する。ソ連時代の1955年に建設された。三つの主要基地をもち、有人、無人の衛星が打ち上げられてきた。1961年4月、ガガーリン少佐を乗せた世界最初の有人宇宙船ウォストーク1号もここから打ち上げられた。続いて63年6月、世界初の女性宇宙飛行士テレシコワを乗せたウォストーク6号が打ち上げられた。以来、ソ連の衛星船、宇宙船はすべて、また1991年のソ連邦崩壊後もロシアの衛星船、宇宙船はすべて、この基地から打ち上げられている。実際の所在地は、宇宙基地から48キロメートル南のカラガンダ州チュラタムになるが、秘密保持のためにバイコヌールが公式に採用された名称である。最盛期は、1970~80年代であり、1994年のバイコヌール基地の人口は6万人で、ほとんどがロシア国籍であった。ソ連邦崩壊以降は、ロシアがカザフスタンに使用料を払って借用している。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバイコヌールの言及

【ロケット発射場】より

… チュラタム基地(旧ソ連)アラル海の東,チュラタムの真北にあるソ連最初の宇宙打上げ基地。別名バイコヌール基地。北緯45.8゜,東経63.3゜付近を中心に東西100km,南北50kmの広大な地域に施設が散在している。…

※「バイコヌール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バイコヌールの関連キーワードカザフ語キジルクム砂漠キルギス語シルダリア中央アジアトルキスタンアクモラカザフ族カラカルパクスタン[自治共和国]ベトパク・ダラ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイコヌールの関連情報