コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウティスタ Bautista, Fray Francisco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バウティスタ
Bautista, Fray Francisco

[生]1594
[没]1679
17世紀スペインのイエズス会建築家。師の J.ゴメス・デ・モラとともに冷徹な象徴性を表現する初期バロック様式を完成。おもな作品はサン・フアン・バウティスタ聖堂 (トレド) ,サン・イシドロ・エル・レアル聖堂 (1622~29,マドリード) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バウティスタ【Pedro Bautista】

1542‐97
スペイン人のフランシスコ会士。日本二十六聖人の一人。1566年フランシスコ会に入会し,81年フィリピン宣教団に加わり,メキシコを経て84年マニラに到着。フィリピンでは88‐91年遣外管区長,91‐93年マニラの修道院長を務めた。93年(文禄2)5月フィリピン総督ダス・マリーニャスの大使として来日,九州の名護屋豊臣秀吉に謁見して使命を果たし,京都見物と称して滞在許可を得て上京。京都,大坂,長崎に修道院を設け布教を開始し,秀吉を刺激した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バウティスタ
ばうてぃすた
Lualhati Bautista
(1946― )

フィリピンのタガログ語女性作家、脚本家。1980年代以降、フィリピンの文壇で注目を集め、フィリピン社会の諸問題を題材として、メッセージ性の高い作品を数多く手がける。小説、テレビ脚本など、その活動は多彩である。主要作品として、アメリカ軍事基地問題を題材とした『ガポ』(1980)、マルコス戒厳令下の中産階級女性とその家族の変遷を描いた『七〇年代』(1983)、市井のフィリピン人女性を主人公とし、新たな女性像を提示した『坊や、坊や何をされたの?』(1984)があり、以上3編すべてがパランカ賞を受賞した。[菅家健一]
『桝谷哲訳『七〇年代』(1993・めこん)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バウティスタの関連キーワードサンティアゴマドリードのエル宮城県慶長使節船ミュージアムフアン・フェルナンデス諸島ジェロニモ・デ・ジェズースフアンフェルナンデス諸島ロビンソンクルーソー島サンフランシスコ地震ビヤエルモサミシオネス県8月29日コヨアカンアルバセテ支倉常長

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バウティスタの関連情報