コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシリスク バシリスクBasiliscus basiliscus; basilisk

5件 の用語解説(バシリスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシリスク
バシリスク
Basiliscus basiliscus; basilisk

トカゲ目タテガミトカゲ科。中央アメリカにすむ草食性のトカゲで,体長 80cm内外。体は側扁し,尾は非常に長くてむち状になっている。後頭部は伸長して平たい出っぱりになる。雄の頭部にはとさかのような大きな飾りがあり,背から尾にかけての背面にも鰭のような飾りをそなえている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バシリスク(basilisk)

イグアナ科に属するトカゲ。メキシコから中央アメリカの熱帯に数種がいる。全長60~80センチほどで、外敵に襲われたときなどには、よく発達した後肢(あとあし)で水面上を走る。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バシリスク

ヨーロッパの伝説上の怪物。トカゲ,ヘビ,ニワトリが混血したような姿で,王冠状のトサカをもち,にらんだり,息をふきかけたりするだけで人を殺すことができるとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バシリスク【common basilisk】

イグアナ科に属するトカゲ(イラスト)。英名および学名は伝説の怪動物バジリスクに由来する。中央アメリカ南部,エクアドルコロンビアベネズエラに分布し,全長50~75cmほどで尾はその半分余り。胴から尾の基部にかけて背面の正中線上にひれ飾が発達し,とくに雄では著しく,成長した雄の後頭部にはとさか状の飾りが発達する。地上生で好んで水辺にすみ木にも登る。卵生で,餌は昆虫などの小動物や果実。体重が軽く,驚くと体を立てて尾をもち上げ,発達した後肢だけでとび跳ねるようにして走る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バシリスク
ばしりすく
common basiliscus
[学]Basiliscus basiliscus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目イグアナ科のトカゲ。同科バシリスク属に含まれ、中央アメリカ南部、エクアドル、コロンビア、ベネズエラに分布し、全長50~75センチメートル、尾はその2分の1余りである。英名および学名は、息や眼光で人を殺したといわれるギリシア神話の怪獣バシリスク(バジリスク)に由来する。胴から尾の基部にかけて背中線上にひれ飾りが発達し、雄ではとくに著しい。また成長した雄の後頭部にはとさか状の頭飾りがあり、熱帯アメリカ産のカンムリバシリスクB. plumifronsでは二重の冠形となる。地上性で水辺を好み木にも登る。驚くと、体を立て後肢だけで飛び跳ねるように走り去る。さらに、短距離ならば水面上を沈まずに走ることができる。これは、指の縁の皮膚を広げ、水面を強くける力による。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバシリスクの言及

【メボウキ】より

…ギリシアでは古くこれを貴族が香水などに用いたところから,バシリコンbasilikon(〈高貴な(王の)草〉の意)と呼び,バジルやバジリコの語源となった。しかしバシリスクと似た名称であったことから混同が生じ,この怪物の毒気を消す霊草と信じられるようにもなった。【荒俣 宏】。…

※「バシリスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone