コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バチェラー バチェラー Bacheller, Irving Addison

10件 の用語解説(バチェラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バチェラー
バチェラー
Bacheller, Irving Addison

[生]1859.9.26. ニューヨーク,ピアポント
[没]1950.2.24. ホワイトプレーンズ
アメリカジャーナリスト,作家。ベストセラー『エベン・ホールデン』 Eben Holden: A Tale of the North Country (1900) など,30冊をこえる作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バチェラー
バチェラー
Batchelor, John

[生]1854. サセックス
[没]1944
イギリス宣教師アイヌ研究家。 1876年来日し,伝道を兼ねながらアイヌ語を研究し,『アイヌ語・英語・日本語辞典』 An Ainu-English-Japanese Dictionary (1889) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バチェラー(bachelor)

米国・英国で、大学卒業者の称号。学士。
独身の男性。独身者。

バチェラー(John Batchelor)

[1854~1944]英国の宣教師・アイヌ研究家。明治10年(1877)来日。64年間、アイヌへの伝道と教育・医療に尽くし、言語学・民俗学の研究に業績を残した。著「蝦英和三対辞書」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バチェラー

英国の宣教師。中国を経て1877年来日,以降60余年にわたって北海道アイヌの救済伝道と研究に献身。〈バチェラー学園〉を設立してアイヌ子弟の教育にも尽力したが,太平洋戦争勃発前夜の1940年,離日せざるを得なくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

バチェラー Batchelor, John

1854-1944 イギリスの宣教師。
1854年3月20日生まれ。バチェラー八重子の養父。明治10年(1877)聖公会宣教師として来日。函館にすみ,16年からアイヌへの布教をはじめ,教育や医療活動もおこなった。またアイヌの言語や文化を研究し,「アイヌ・英・和辞典」「蝦夷(えぞ)今昔物語」などをあらわした。昭和16年帰国。1944年4月2日死去。90歳。サセックス州出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

バチェラー【John Batchelor】

1854‐1944
イギリス生れのキリスト教宣教師。1877年に来日し,以降,60余年にわたって北海道でアイヌへの布教活動を行うかたわら,アイヌ語・アイヌ文化について広範な研究を行い,アイヌ研究の権威となった。また,〈バチェラー学園〉を設立し,アイヌ子弟への教育活動にも貢献したが,太平洋戦争の勃発により1940年には日本を去ることを余儀なくされ,故国イギリスで生涯を閉じた。おもな著書に《蝦夷(えぞ)今昔物語》(1884),《アイヌ語文典》(1887),《蝦(か)和英三対辞書》(1887),《アイヌ炉辺物語》(1894),《アイヌ語新約聖書》(1897),《アイヌ人及其説話》(1900)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バチェラー【bachelor】

学士。英米で大学を卒業した者に与える称号。
独身の男。

バチェラー【John Batchelor】

1854~1944) イギリスの宣教師。1877年(明治10)来日、北海道でアイヌへの伝道の傍らアイヌの言語や風俗を研究した。アイヌに対する教育・医療面にも貢献。1940年(昭和15)戦争のため帰国。アイヌ語訳聖書や「アイヌ・英・和辞典」を著す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バチェラー
ばちぇらー
John Batchelor
(1854―1944)

イギリス人宣教師、アイヌ研究者。ロンドン南方のサセックス州アクフィールド生まれる。1877年、イングランド教会(聖公会)の宣教師として来日、北海道で伝道する。当時の日本人の差別・偏見に満ちたアイヌ観に衝撃を受け、これを契機にアイヌへの布教活動を開始し、多数の信者を育てた。また、キリスト教的アイヌ教育を目的とする伝道学校(愛憐(あいりん)学校、1888)やアイヌの医療施設「アイヌ施療病室」(1892)、アイヌ子弟の寄宿舎「アイヌ保護学園」(1922)を設立し、アイヌに対する教育と医療に貢献した。しかしながら、バチェラーのこうした活動に対して、後年、違星北斗(いぼしほくと)が「五十年伝道されし此(こ)のコタン見るべきものの無きを悲しむ」と詠んだように、アイヌの側からの批判もあった。バチェラーは、アイヌ語・アイヌ文化の研究にも優れた業績を残し、日本のアイヌ研究の先駆者の1人に数えられている。著書には、アイヌの生活・文化を紹介した『蝦夷(えぞ)今昔物語』(1884)、アイヌ英和辞典『蝦和英三対辞書』(1889)など多数ある。第二次世界大戦の勃発(ぼっぱつ)により帰国。バチェラーの旧宅は、現在、北海道大学農学部附属博物館分館として使用されている。歌集『若き同族(ウタリ)に』を著した歌人バチェラー・八重子(やえこ)は彼の養女である。[竹ヶ原幸朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバチェラーの言及

【学位】より

…つまり学位制度は,ヨーロッパ系と,中国系とに二分される。ヨーロッパ中世の大学では,英語でドクターdoctor,マスターmaster,バチェラーbachelor(今日の学士)という三つの学位が生まれていた。このうち,ドクター(ラテン語doctor)はdoceo(教える)を語源とし,大学の教師資格を証明する称号であった。…

【学士】より

…新制大学発足時は24種,旧制大学時代は12種であった。現在の学士制度は欧米の大学卒業者に与えられるバチェラーbachelorの制度を移入したものである。しかし,日本の大学制度の中に学士制度があらわれたのは1872年(明治5)の〈学制〉の中であり,この時は古代の律令制度にならって,博士(はかせ),得業士と並んで大学卒業生への学位の一つとされた。…

※「バチェラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バチェラーの関連キーワード宣教師キリスト教会耶蘇イギリス巻キリスト教徒ムラカキリスト教会マラッカのキリスト教会市川栄之助ロンドン伝道協会《生れの正しいイギリス人》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バチェラーの関連情報