コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハール バハール Bahār, Muḥammad Taqī Malik al-Shu`arā

3件 の用語解説(バハールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バハール
バハール
Bahār, Muḥammad Taqī Malik al-Shu`arā

[生]1886. マシュハド
[没]1951.4.22. テヘラン
イランの詩人。桂冠詩人を父として生れ,郷里で教育を受けたのち,立憲革命運動に参加し,機関紙 (のち文学誌) 『新しき春』 Nou-Bahārを発刊して多くの愛国詩を発表,ジャーナリスト,政治家,詩人として各分野にわたって活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バハール【Bahār】

1886∥87‐1951
イランの代表的詩人,文人。マシュハドの桂冠詩人の子として生まれる。若くしてホラーサーン立憲運動(1905‐09)に参加し,その一環として《新しい春》紙を刊行(1909)。第三議会(1913)の代議士に選出後,拠点をテヘランに移し,政治活動のかたわら文学サークルを結成するなど,体制側の抑圧にもかかわらず多年にわたって民主主義運動に貢献した。最後の古典詩人ともいわれ《バハール詩集》の声価はつとに高く,学者としての業績に《ペルシア語文体論》《イラン政党史》《シースターン史》があるほか,古典作品の校訂をよくした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バハール
ばはーる
Muammad Taq Bahr
(1886―1951)

イランの詩人。桂冠(けいかん)詩人の子としてメシェッドに生まれ、7歳から作詩を始めた天才的詩人。18歳のときカージャール朝から桂冠詩人の称号を受けたが、立憲革命運動にくみし宮廷との関係を絶ち、専制政治を批判し愛国的な詩を発表して同胞に強く訴えた。古典詩の伝統を保持し、20世紀前期最大の詩人と評される。代議士、文部大臣も務め政治的にも目覚ましく活躍したが、晩年は詩人、学者としての生涯を過ごした。二巻からなる『バハール詩集』は頌詩(しょうし)、叙情詩が主体で、自由、独立、自然、社会批判、愛国をテーマとする作が多い。評論『ペルシア文体論』三巻はこの分野における最高傑作と目される。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バハールの関連キーワード艾青徐志摩マシュハド手背ミツキェビッチアイリッシュハープゴンバデサブズトゥースZIGブラッシュハイライトイマーム・レザー廟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バハールの関連情報