コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフィン島 バフィンとうBaffin Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフィン島
バフィンとう
Baffin Island

カナダ,ヌナブト准州に属するカナダ最大の島。グリーンランドとカナダとの間に位置する。 1576~78年北西航路探検中の M.フロビッシャーにより発見され,のち W.バフィンの名を取って名づけられた。東縁にはけわしい山地があり,標高約 2050mにまで及ぶが,西方は低地帯。海岸線はフィヨルドが多く,少数のイヌイット (エスキモー) が居住し狩猟,漁業を行う。北部で石炭,鉄などを産出する。面積 50万 7451km2。東部のペニー氷河を中心にアウユイトク国立公園 (1972指定,2万 1500km2) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バフィン‐とう〔‐タウ〕【バフィン島】

Baffin》カナダ北部、北極圏にある島。バフィン湾を隔ててグリーンランドと対する。1616年英国のW=バフィンが探検。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バフィン島
ばふぃんとう
Baffin Island

カナダ北部、ヌナブート・テリトリー(準州)、フランクリン地区にあり、カナダ北極海諸島の南東部に位置するカナダ最大の島。面積約47万6000平方キロメートル。東海岸沿いに山地(最高2100メートル)が連なり、その高い部分に氷河が広がる。中央部から東部にかけてはカナダ楯状地(たてじょうち)の北東の周辺部にあたり、西海岸沿い、および南部のネチリング湖、アマジュアク湖周辺では低地が広がる。この北部は礫質(れきしつ)ツンドラ、南部は低木・地衣ツンドラ地域である。1576年に捕鯨船に発見されて以来、20世紀初頭までは捕鯨とのかかわりが深かった。人口1万3049人(2006)でイヌイットが多い。1616年にW・バフィンが北部を初めて探検し、この名がつけられた。この島の南東部に位置するイカルイットが1999年4月に創設されたイヌイットの自治体ヌナブート・テリトリーの州都となっている。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バフィン島の関連キーワードエリクソン(Leifr Eiríksson)ワモンアザラシ(輪紋海豹)フランクリン(カナダ)アイスランド低気圧フロビッシャー湾タテゴトアザラシラブラドル海流キョウジョシギフォックス海盆バフィン島海流イカルイットエルズミア島バフィン海盆メルビル半島F. ボアスブーシア半島デービス海峡ラブラドル海ハドソン海峡デボン島

バフィン島の関連情報