コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフィン島 バフィンとう Baffin Island

3件 の用語解説(バフィン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフィン島
バフィンとう
Baffin Island

カナダ,ヌナブト准州に属するカナダ最大の島。グリーンランドとカナダとの間に位置する。 1576~78年北西航路探検中の M.フロビッシャーにより発見され,のち W.バフィンの名を取って名づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バフィン‐とう〔‐タウ〕【バフィン島】

Baffin》カナダ北部、北極圏にある島。バフィン湾を隔ててグリーンランドと対する。1616年英国のW=バフィンが探検。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バフィン島
ばふぃんとう
Baffin Island

カナダ北部、ヌナブート・テリトリー(準州)、フランクリン地区にあり、カナダ北極海諸島の南東部に位置するカナダ最大の島。面積約47万6000平方キロメートル東海岸沿いに山地(最高2100メートル)が連なり、その高い部分に氷河が広がる。中央部から東部にかけてはカナダ楯状地(たてじょうち)の北東の周辺部にあたり、西海岸沿い、および南部のネチリング湖、アマジュアク湖周辺では低地が広がる。この北部は礫質(れきしつ)ツンドラ、南部は低木・地衣ツンドラ地域である。1576年に捕鯨船に発見されて以来、20世紀初頭までは捕鯨とのかかわりが深かった。人口1万3049人(2006)でイヌイットが多い。1616年にW・バフィンが北部を初めて探検し、この名がつけられた。この島の南東部に位置するイカルイットが1999年4月に創設されたイヌイットの自治体ヌナブート・テリトリーの州都となっている。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バフィン島の関連キーワード金田ヌナブットアッパーカナダビレッジカナダ雁カナダドライカナダドライ クラブソーダカナダドライ サイダーカナダ旅行カナダドルヌナブト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バフィン島の関連情報