コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフシ[川] Reka Vakhsh

1件 の用語解説(バフシ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バフシ[川]【Reka Vakhsh】

中央アジアの大河アム・ダリヤの大きな支流で,キルギスタジキスタン両共和国にまたがる。本流の長さは524kmであるが,上流の支流を含めると800km以上になる。流域面積約3万9100km2。はじめキルギス共和国のザアライスキー・アラタウ(山脈)北斜面の氷河(標高約6600m)に発し,キジルスー川と呼ばれる。アライ河谷を西流してタジキスタン共和国に入ってスルホフ川と名を変えるが,いずれも〈赤い水〉の意で,その名称は異常に多量の固形物質(下流で4.16kg/m3に達する)が原因である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バフシ[川]の関連キーワードアムダリアカラクム砂漠シルダリア中央アジア汎アジア主義小アジアアジアンポップス花剌子模中央アジアの草原にてセントラル・エイジアン・シープドッグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone