コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化クロム サンカクロム

5件 の用語解説(酸化クロムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんか‐クロム〔サンクワ‐〕【酸化クロム】

クロム酸素化合物。ふつう酸化第二クロムCr2O3をいう。緑色の粉末で、ガラス・陶器の着色剤に使用。酸化第一クロムCrOは黒色の粉末、三酸化クロムCrO3は赤色の針状結晶

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

酸化クロム

 Cr2O3 (mw151.99).溶解度の低いこと,定量が容易であることから,消化・吸収率を測定するための指標物質として使用される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんかクロム【酸化クロム chromium oxide】

クロムの酸化数II,III,IVの化合物が普通に知られているが,ほかにV,VIの化合物も存在する。
酸化クロム(II)]
 化学式CrO。酸化クロム(III)Cr2O3を赤熱して水素で還元すると得られる黒色粉末。六方晶系。融点1550℃。空気中では酸化されやすく,熱するとCr2O3となる。希酸に不溶。
[酸化クロム(III)]
 化学式Cr2O3。二クロム酸アンモニウム(NH4)2Cr2O7を熱分解させるか,二クロム酸塩を硫黄などと熱して還元してつくられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんかクロム【酸化クロム】

三酸化二クロム(Cr2O3)、三酸化クロム(CrO3)などの総称。三酸化二クロムは緑色粉末で、ガラスや陶器の顔料に用いる。三酸化クロムは暗赤色針状結晶。水溶液はきわめて酸化力が強いので、有機化合物の酸化剤に利用する。無水クロム酸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化クロム
さんかくろむ
chromium oxide

クロムと酸素の化合物。クロムの酸化数によってそれぞれ異なる酸化物が知られている。
(1)酸化クロム() 化学式CrO、式量68.0。クロムアマルガムを空気中に放置すると生ずる黒色粉末で、酸化クロム()に酸化されやすい。
(2)酸化クロム() 化学式Cr2O3、式量151.99。二クロム酸アンモニウム(重クロム酸アンモニウム)の熱分解で得られる緑色粉末で、昇華精製によって暗緑色金属光沢の結晶となる。きわめて安定で、石英より硬い。ガラスや陶器の青色顔料(クロムグリーン)に利用される。
(3)酸化クロム() 化学式CrO2、式量84.01。硝酸クロム()を熱分解して生ずる黒褐色粉末で、ルチル型構造をもつ強磁性体である。
(4)酸化クロム() 化学式CrO3、式量99.99。無水クロム酸または単にクロム酸ともよばれることもある暗赤紫色針状結晶で、濃二クロム酸カリウム溶液に過剰の濃硫酸を加えると析出する。潮解性で、水によく溶ける強力な酸化剤である。
 見かけ上はクロム()の酸化物となる過酸化クロムCrO5はクロム()の化合物のオキシドジペルオキシドクロム(酸化二過酸化クロム())CrO(O2)2であり、有機溶媒に溶けやすい青色結晶である。酸化クロム()の熱分解によっても、複雑な組成の酸化物Cr3O5、Cr5O13などが得られる。[岩本振武]

顔料としての酸化クロム

製法は種々あるが、おもな方法には、無水クロム酸(酸化クロム())を焼成する方法と、重クロム酸ナトリウム(二クロム酸ナトリウム)を硫黄(いおう)、木炭、塩化アンモニウム、硫酸アンモニウムなどと混合、加熱して還元する方法とがある。顔料に用いる酸化クロムは、ほとんど還元法で、その際の還元剤は塩化アンモニウムか硫酸アンモニウムのいずれかである。水、酸、アルカリに不溶のほか、ほとんどすべての化学薬品に対し安定である。耐光性、耐候性、耐熱性に優れ、実際に使用して変色するケースはほとんどない。絵の具、印刷インキ、セメントの着色に用いられる。
 セラミック顔料の分野では、緑色顔料として、酸化クロムだけをそのまま使用するケースは非常に少なく、緑を出すものとしては、クロムグリーン、クロム呉須(ごす)などが、タイルの着色に用いられる。[大塚 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化クロムの関連キーワード酸化ニッケル酸化バナジウム水酸化クロム硫化モリブデン硫酸鉄クロム鞣塩化クロム酢酸クロム酸化レニウムフッ化ウラン(弗化ウラン)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone