コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラップ仕上げ ラップしあげlapping

翻訳|lapping

3件 の用語解説(ラップ仕上げの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラップ仕上げ
ラップしあげ
lapping

超精密加工における平面の最終仕上げ作業。研削盤などで仕上げられた工作物の寸法精度と面粗さを向上させるのに用いられる加工法。初めに3枚のラップ (きわめて平滑な一種の定盤) を用意し,2枚ずつを交互にこすり合せていくと,ほぼ真平面に近いラップ面が得られる (三面定盤の原理) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラップ仕上げ
らっぷしあげ
lapping

ラップとよばれる工具と工作物の表面との間に砥粒(とりゅう)、油などを混合したラップ剤を介在させて、両者を適当な圧力で押し付けながら相対運動を与え、ラップ剤により工作物の表面から微量の材料を除去して、平滑で寸法精度のよい仕上げ面を得る研磨加工方法。ラッピングともいう。ラッピング時のラップ剤の状態により湿式と乾式に分けられる。ラップの材質としては一般に鋳鉄が用いられるが、ときには軟鋼、銅合金などの金属材料のほか、木材(ツゲ、ホウなどの硬木)、ファイバーなどの非金属材料も使用される。
 ラップ仕上げはゲージ類、光学部品、電子材料の仕上げなどに使用されている。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone