バリー(読み)ばりー(英語表記)John Barry

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリー(John Barry)
ばりー
John Barry
(1933―2011)

イギリスの映画音楽作曲家、指揮者、アレンジャー、トランペット奏者。本名ジョナサン・バリー・プレンダーギャストJonathan Barry Prendergast。『007』シリーズの音楽で知られる。父親が映画館主、母親がピアニストという環境のもと、ヨークに生まれる。映画と音楽に囲まれた少年時代を過ごす。地元の教会の聖歌隊長に作曲とピアノを師事、アレンジに興味をもつが、映画『楽聖ショパン』(1944)に感銘を受け、映画音楽に関心を寄せる。10代半ばまで家業の映画館で働きながら地元のバンドでトランペットを演奏。音楽学校を中退した後、18歳で陸軍に入隊。軍楽隊のアレンジを手がけながら腕を磨き、同時にジャズ・アレンジャーとして評価の高かったビル・ルッソBill Russo(1928―2003)の通信教育講座で編曲を学んだ。除隊後の1957年、軍楽隊の仲間とともにジャズ・ロック・バンド、ジョン・バリー・セブンを結成。いくつかのテレビ番組出演を果たした後、イギリスEMI傘下のパルラフォン・レーベルと専属契約。1958年から新人歌手アダム・フェイスAdam Faith(1940―2003)の伴奏を担当。フェイスの人気上昇とともに活動の場を広げていった。フェイスの初主演映画『狂っちゃいねえぜ』(1960)で初めて映画音楽を担当。1962年までEMIのアレンジャーとしても精力的な活動を行う。1962年、『007/ドクター・ノオ』(1962)の音楽担当を降板させられたモンティ・ノーマンMonty Norman(1928― )の後を引き継ぎ、ノーマン作曲の同作のテーマ曲(「ジェームズ・ボンドのテーマ」)をアレンジ、これが世界的大ヒットとなった。続く『007/ロシアより愛をこめて』(1963)から『007/リビング・デイライツ』(1987)まで、計11作の『007』シリーズを手がけて名声を不動のものとした。
 『ナック』(1965)あたりまでのバリーの映画音楽はエレクトリック・ギター、木管、マレット楽器(木琴やビブラフォンなど、音板を撥(ばち)で叩く楽器の総称)などのソロを巧みに生かしたクールなジャズ・サウンドを持ち味としていたが、アカデミー最優秀作曲賞および同主題歌賞に輝いた『野生のエルザ』(1966)から饒舌(じょうぜつ)なストリングスを中心に据えたアレンジを好むようになる。再びアカデミー賞に輝いた『冬のライオン』(1968)で教会旋法を独自にアレンジしたスコアを披露、クラシック音楽への造詣(ぞうけい)の深さを示した。このほか『国際諜報員』(1965)、『真夜中のカーボーイ』(1969)などに、楽器固有の音色を生かしながらハーモニーを印象深く響かせる、バリー独特の手法の好例を聴くことができる。1970年代以降はオーケストラの客演指揮者としての活動が増えたせいもあり、作風は一層クラシカルなものに傾いていった。『レイズ・ザ・タイタニック』と『ある日どこかで』(ともに1980)で伝統的なオーケストラを用いたスコアは、バリーがイギリス・クラシック音楽の正当な嫡子(ちゃくし)であることを見事に物語っている。
 こうしたロマンティシズム溢(あふ)れる映画音楽作品を発表する一方、1980年代には『白いドレスの女』(1981)、『コットンクラブ』(1984)で自らのルーツであるジャズを再検証する興味深い仕事を手がけた。その後、陶酔的な弦楽セクションと雄大なホルンの響きを前面に出した『愛と哀しみの果て』(1985)と『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990)でアカデミー最優秀作曲賞を受賞し、後期ロマン派の音楽スタイルをそのまま踏襲したバリーの作風を、広く一般に印象づけた。
 1988年に重傷を負ったため再起が危ぶまれたが、映画音楽作曲の本数は確実に減ったものの、1990年代も1年に約1本のペースで仕事をこなしていた。1975年(昭和50)に来日。[前島秀国]
『Eddi FilegelJohn Barry; A Sixties Theme (1998, Constable and Company , London) ▽Geoff Leonard, Pete Walker, Gareth BramleyJohn Barry; A life in Music(1998, Sansom, Bristol)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バリーの関連情報