コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルマセダ バルマセダ Balmaceda, José Manuel

2件 の用語解説(バルマセダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルマセダ
バルマセダ
Balmaceda, José Manuel

[生]1840.7.19. サンチアゴ
[没]1891.9.19. サンチアゴ
チリの政治家。大統領 (在任 1886~91) 。自由党の指導者。 1870~78年国会議員。 78~81年アルゼンチン公使。 81~86年 D.サンタ・マリア内閣の閣僚。 86年大統領に選出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バルマセダ【José Manuel Balmaceda Fernandez】

1840‐91
チリの政治家。サンチアゴ市生れ。1864年下院議員となり,自由主義的な進歩派として知られるようになった。86年大統領に当選。萌芽的なチリ民族資本の擁護と経済的独立を推進する立場から,金融・農業・鉱業・財政の整備,公共事業の推進など,大規模・広範な経済発展政策を実施し,イギリス系資本下の硝石産業の国有化も計画したが,自由主義的支配階級と確執が生じ,91年1月内乱が勃発。政権が打倒された直後の同年9月自殺した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のバルマセダの言及

【チリ】より

… 19世紀末から萌芽的な産業資本の成長がみられる。硝石資源を国有化し,これら民族産業資本を育成しようとしたバルマセダ政権は,イギリス資本と利害をともにする支配層の反対にあい,91年内乱の末に崩壊した。
[1960年代まで]
 20世紀に入ると,まもなくアメリカ合衆国資本が主要な銅鉱山を購入して開発を始めたため,チリは国家経済の根幹である硝石,銅資源を外国資本に支配される結果となった。…

※「バルマセダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルマセダの関連キーワードサンチアゴサンティアゴフレイポルタレスアジェンデコンチリサンマイポ[山]サンチアゴ騎士修道会サンチアゴ・デル・エステロヤコブ(サンチアゴ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone