コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルマセダ Balmaceda, José Manuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルマセダ
Balmaceda, José Manuel

[生]1840.7.19. サンチアゴ
[没]1891.9.19. サンチアゴ
チリの政治家。大統領 (在任 1886~91) 。自由党の指導者。 1870~78年国会議員。 78~81年アルゼンチン公使。 81~86年 D.サンタ・マリア内閣の閣僚。 86年大統領に選出される。選挙の自由,地方自治体の強化,公共事業や教育施設の拡充,整備など,進歩的諸改革を推進。しかし次第に独裁的になり議会と対立,91年ついに海軍と結んだ議会派と武力衝突,8ヵ月にわたる内乱の末敗れ,アルゼンチン公使館に亡命。3週間後大統領の任期最後の日の9月 19日自殺。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルマセダ【José Manuel Balmaceda Fernandez】

1840‐91
チリの政治家。サンチアゴ市生れ。1864年下院議員となり,自由主義的な進歩派として知られるようになった。86年大統領に当選。萌芽的なチリ民族資本の擁護と経済的独立を推進する立場から,金融・農業・鉱業・財政の整備,公共事業の推進など,大規模・広範な経済発展政策を実施し,イギリス系資本下の硝石産業の国有化も計画したが,自由主義的支配階級と確執が生じ,91年1月内乱が勃発。政権が打倒された直後の同年9月自殺した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバルマセダの言及

【チリ】より

… 19世紀末から萌芽的な産業資本の成長がみられる。硝石資源を国有化し,これら民族産業資本を育成しようとしたバルマセダ政権は,イギリス資本と利害をともにする支配層の反対にあい,91年内乱の末に崩壊した。
[1960年代まで]
 20世紀に入ると,まもなくアメリカ合衆国資本が主要な銅鉱山を購入して開発を始めたため,チリは国家経済の根幹である硝石,銅資源を外国資本に支配される結果となった。…

※「バルマセダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルマセダの関連キーワードベルナルドオイギンス国立公園7月19日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android