コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダルギン国立公園 バンダルギンコクリツコウエン

2件 の用語解説(バンダルギン国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バンダルギン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【バンダルギン国立公園】

Parc national du banc d'Arguin》モーリタニアの西部、大西洋沿岸に広がる国立公園。面積は1万2000平方キロメートル。およそ半分が海域で、沖合は寒流と暖流が交わるため魚が豊富。それを目当てにしたオオフラミンゴ、モモイロペリカンなどの鳥類も多く集まる。冬は渡り鳥の越冬地。海岸線までサハラ砂漠が迫る。1982年ラムサール条約に、1989年には世界遺産自然遺産)に登録された。バンダルガン国立公園アルガン礁国立公園

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

バンダルギンこくりつこうえん【バンダルギン国立公園】

1989年に登録されたモーリタニアの世界遺産(自然遺産)で、首都ヌアクショットの北方、世界最大のサハラ砂漠大西洋に接する場所に位置する。総面積は約1万4000km2で、半分は海で占められている。内陸からの強風によって砂漠から海へ大量の砂が運ばれ、干潮時には60kmも沖合へ続く浅瀬を形成している。広大な浅瀬には、チチュウカイモンクアザラシ、ウスイロイルカ、シワハイルカなどの海洋動物、さらに、オオフラミンゴ、オオソリハシシギ、モモイロペリカンなどの鳥類が生息する。また、北ヨーロッパやシベリア方面から700万羽の渡り鳥が飛来し、うち3分の1が越冬する。1982年、干潟の1万2000km2ラムサール条約に登録された。このように貴重な海洋生物の宝庫であることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はBanc d'Arguin National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンダルギン国立公園の関連キーワードピューリタニズムモーリタニアヘンダーソン島ティヤウワダンオルトボタニコティシットモーリタニア女性の肥満武満 徹:リタニ-マイケル・ヴァイナーの追憶に-/piano soloシエナ歴史地区

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone