コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バントゥー

百科事典マイペディアの解説

バントゥー

バントゥー諸語に属す言語を話す人びとの総称。おもに中部および東,南アフリカに分布し,約600以上の言語に分けられる。現ナイジェリア,カメルーン国境のベヌエ地方に起源をもつとされ,紀元前に大移動を開始。
→関連項目コンゴ盆地ジンバブエ(遺跡)ズールースワジツワナフツムファレレ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のバントゥーの言及

【アフリカ】より

…その頃エジプトの南にメロエ文明が生まれている。さらにその500年後の1世紀の頃,彼らは各地に民族集団を形成し,その中から黒人のザンデ語系,バントゥー語系の人たちが東に拡大し,とくにバントゥー語系の人たちがザイール(現,コンゴ民主共和国)の熱帯降雨林を南下,また東アフリカにも進んで,ピグミーを森林の中に包囲し,さらにコイサン語系の諸族をカラハリ砂漠に封じこめるにいたる。これが6~7世紀にいたるバントゥー系諸部族の拡大である。…

※「バントゥー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バントゥーの関連キーワードハリー・ハミルトン ジョンストンサントーメ・プリンシペサントメ・プリンシペオレンジ自由州[州]バントゥー系諸族アフリカーンス語ザンジバル[島]トンガ(民族)モノモタパ王国モンバントゥーバントゥー族マラガシー語キルワ[島]バンツー諸語ホームランドコイ・コインアンコーレ族ザイール川タンザニアコンゴ王国