コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーバリシープ Ammotragus lervia; Barbary sheep; aoudad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーバリシープ
Ammotragus lervia; Barbary sheep; aoudad

偶蹄目ウシ科。体長 1.3~1.9m,体重 50~100kg。長いたてがみ状の毛が顎から頸にかけてみられるので,タテガミヒツジともいう。体色は茶色で,耳,前後肢の内側および腹部は白っぽい。角は外側に伸び,先のほうは下内方に巻込まれる。北アフリカに分布し,荒れた岩石地帯に群れをつくって生活している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バーバリ‐シープ(Barbary sheep)

ウシ科の哺乳類。北アフリカの岩石地にすむ野生ヒツジ。肩高約1メートル。大きな角をもち、雄はあごから胸にかけて長毛がある。たてがみひつじ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

バーバリシープ【Barbary sheep】

ウシ科の哺乳類。肩高約1メートル。全身淡赤褐色。頸くびから胸にかけて長毛がはえる。雄の角は長く、弓状に曲がるが、雌の角は短い。砂漠や岩地にすむ。アフリカ北部の高地に分布。タテガミヒツジ。スナイロヒツジ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーバリシープ
ばーばりしーぷ
Barbary sheep
[学]Ammotragus lervia

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。タテガミヒツジともいう。アフリカ北西部のアトラス山脈、エジプト、スーダンの山岳地帯に生息する。肩高1メートル、体長1.3~1.6メートル、尾長25センチメートル、体重50~100キログラム、雌は雄に比べかなり小形である。雌雄ともに角(つの)をもち、とくに雄の角は長大で、内下方に湾曲し、80センチメートルに達するものがある。雄には、胸、のど、前肢前方にかけて、たてがみ状の長い直毛がある。体毛は黄褐色。小群をなして生活し、日中は崖(がけ)の下などに休息して、夜間行動し草や低木を食べる。妊娠期間は154~161日、1産1~2子。子は、生後ただちに起立し、1~2時間ほどで哺乳する。わが国の動物園でも飼育例が多い。寿命は15年ほどである。[中川志郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バーバリシープの関連キーワードアイールとテネレの自然保護区群ヤギ(哺乳綱)アトラス山脈中川志郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーバリシープの関連情報