コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーバリシープ バーバリシープ Ammotragus lervia; Barbary sheep; aoudad

4件 の用語解説(バーバリシープの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーバリシープ
バーバリシープ
Ammotragus lervia; Barbary sheep; aoudad

偶蹄目ウシ科。体長 1.3~1.9m,体重 50~100kg。長いたてがみ状の毛が顎から頸にかけてみられるので,タテガミヒツジともいう。体色は茶色で,耳,前後肢の内側および腹部は白っぽい

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バーバリ‐シープ(Barbary sheep)

ウシ科の哺乳類北アフリカの岩石地にすむ野生のヒツジ。肩高約1メートル。大きな角をもち、雄はあごから胸にかけて長毛がある。たてがみひつじ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バーバリシープ【Barbary sheep】

ウシ科の哺乳類。肩高約1メートル。全身淡赤褐色。頸くびから胸にかけて長毛がはえる。雄の角は長く、弓状に曲がるが、雌の角は短い。砂漠や岩地にすむ。アフリカ北部の高地に分布。タテガミヒツジ。スナイロヒツジ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーバリシープ
ばーばりしーぷ
Barbary sheep
[学]Ammotragus lervia

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。タテガミヒツジともいう。アフリカ北西部のアトラス山脈、エジプト、スーダンの山岳地帯に生息する。肩高1メートル、体長1.3~1.6メートル、尾長25センチメートル、体重50~100キログラム、雌は雄に比べかなり小形である。雌雄ともに角(つの)をもち、とくに雄の角は長大で、内下方に湾曲し、80センチメートルに達するものがある。雄には、胸、のど、前肢前方にかけて、たてがみ状の長い直毛がある。体毛は黄褐色。小群をなして生活し、日中は崖(がけ)の下などに休息して、夜間行動し草や低木を食べる。妊娠期間は154~161日、1産1~2子。子は、生後ただちに起立し、1~2時間ほどで哺乳する。わが国の動物園でも飼育例が多い。寿命は15年ほどである。[中川志郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーバリシープの関連キーワードキブシ科ケシ科麝香牛コープレイウシ(牛)ゾウムシ(象虫)ウデムシ科エンマムシ科ゾウムシ科ヌノサラシ科

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーバリシープの関連情報