コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーブル Bābur, Zahīr al-Dīn Muhammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーブル
Bābur, Zahīr al-Dīn Muhammad

[生]1483.2.14. フェルガナ
[没]1530.12.26. アグラ
インド,ムガル帝国創始者 (在位 1526~30) 。父の跡を継いでフェルガナ地方の領主となり,中央アジアの諸勢力と抗争,帝国建設を目指したが果さず,ついに中央アジアを追われて,アフガニスタンのカーブルからインドに侵入した。 1526年ロディー朝のイブラーヒームをパーニーパットに破り,デリーで新王朝を創始した。彼は父方でチムール (帖木児) ,母方でチンギス・ハン (成吉思汗) の血をひくといわれる。そのためこの王朝はムガル (モンゴル) 朝と呼ばれるようになった。著書『バーブル・ナーマ (回顧録) 』 Bābur Nāma。

バーブル
Bābol

1927年までバールフルーシュ Bārfurush。イラン北部,マーザンダラーン州の都市。カスピ海岸より 24km内陸のバーブル川沿岸に位置する。アッバース1世が夏の離宮を建てたが,重要になったのは 18世紀からで,19世紀には東カスピ海岸地域の最も新しい町とみなされ,ロシア貿易で繁栄した。しかし 20年以降は停滞し,現在は避暑地として発展。人口 13万 7348 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バーブル(Ẓahīr al-Dīn Muḥammad Bābur)

[1483~1530]インドのムガル帝国初代皇帝。在位1526~1530。チムール5世の孫。中央アジアの小王国の王であったが、1526年パーニーパットの戦いロディー朝大軍を破り首都デリーを占領、続いて北インド主要部を征服。トルコ語による回想録は傑作とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バーブル

バベルとも。インドのムガル帝国の創始者。1504年南下してカブールを征服,さらにパンジャーブ地方に侵入し,1526年にはパーニーパットの戦ローディー朝を破って王位につき,デリーとアーグラを占領,北インドのイスラム支配の基礎を築いた。
→関連項目ティムール朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーブル【Bābur】

1483‐1530
インドのムガル帝国の創設者。在位1526‐30年。中央アジアのフェルガナ地方アンディジャーンにティムール朝の王子として生まれる。母はモグーリスターン・ハーン家の出身。1494年父の死去により,12歳でティムール朝フェルガナ地方の太守となる。97年サマルカンドに入城して,ティムール朝サマルカンド政権の君主の位に就くが,フェルガナ地方における内乱のため,わずか100日でサマルカンドを放棄。99年アンディジャーンの奪回に成功,1500年にはウズベクのシャイバーニー・ハーンの手から再びサマルカンドを奪取したが,翌年シャイバーニー・ハーンにサリ・プルの戦で敗北,中央アジアでの活躍の場を失い,幾多の艱難辛苦の後,アフガニスタンに転身して,04年カーブルを征服。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バーブル【Zahīr al-Dīn Muhammad Bābur】

1483~1530) ムガル帝国の創始者(在位1526~1530)。中央アジアから北インドに侵入してロディー朝の軍を破りデリーを奪取、さらに北インドを征圧。トルコ語の回想録は傑作とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーブル
ばーぶる
har al-Dn Muammad Bbur
(1483―1530)

インドのムガル朝の始祖(在位1526~30)。ティームールの5世の孫。中央アジア、フェルガナの領主バーブルは、ティームール帝国の復活を夢みたが、ウズベク人のために自領をも奪われ、カブールに建国し、サファビー朝と結んで故国の回復を図ったが失敗した。そこで、おりからロディー朝の内紛で混乱していたインドへの遠征を決行した。中央アジアで鍛えられた軍事的才能と優秀な火砲をもった彼は、1526年、10倍ともいわれるイブラーヒーム・ロディーの大軍を、パーニーパットの戦いで撃破して首都デリーを奪い、さらにラージプート連合軍やベンガル王にも勝利し、北インド主要部を征服した。彼はその領地の主要部分を自己の武将たちに分与し統治させたが、少なからぬ部分を、服属したアフガン人豪族や各地の土豪(ザミーンダール)たちに所領として安堵(あんど)しなければならず、まだ帝国の安定を確立できなかった。彼のチャガタイ・トルコ語による回想録『バーブル・ナーマ』は一大傑作である。[長島 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバーブルの言及

【ムガル帝国】より

…1526年バーブルによって創始されたインドの王朝。1526‐40年,1555‐1858年。…

※「バーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーブルの関連キーワードアブド・アッラッザーク・アルサマルカンディーアブドゥル・ラッザーク・サマルカンディーカブール(アフガニスタン)ターリーヒ・ラシーディーデーリー・エクスプレスヒンドゥスターニー語フサイン・バイカラアヨーディヤー事件アクバル・ナーマシェール・シャーナンガルハール州バイラム・ハーンビーバーブルック羽田スカイエールホーンダミールフレデリクトンアヨーディヤーチムール帝国フマーユーンインド人民党

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーブルの関連情報