コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウサニアス パウサニアス Pausanias

7件 の用語解説(パウサニアスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウサニアス
パウサニアス
Pausanias

[生]?
[没]前470頃
古代ギリシアスパルタの摂政。スパルタクレオンブロトス1世の子。ペルシア戦争中の前 480年テルモピュレで戦死したレオニダスの息子の摂政となった。前 479年スパルタとアテネを主とするギリシア連合軍を指揮し,プラタイアイアケメネス朝ペルシア軍に大勝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パウサニアス
パウサニアス
Pausanias

2世紀後半のギリシアの旅行家。リュディア出身。全 10巻の『ギリシア案内記』 Periēgēsis tēs Helladosの著者。これは地理のほか,歴史,宗教,神話,美術,建築なども扱っており,ありし日のギリシアの町々や神域を彷彿させる旅行案内書として価値が高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パウサニアス

スパルタの将軍。前479年ギリシア連合軍を率いプラタイアイの戦でペルシア軍を破ったが,のちペルシアのクセルクセス王と内通していると疑われた。

パウサニアス

2世紀後半のギリシアの地誌学者。各地を旅行し,アッティカメガラ,コリントスとアルゴリスラコニアメッセニアエリスアカイアアルカディアボイオティアフォキスなど10巻に及ぶ《ギリシア案内記》を書いた。
→関連項目紀行文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パウサニアス【Pausanias】

?‐前470ころ
スパルタの将軍。レオニダスの甥。前479年ギリシア連合軍を率いてプラタイアイの戦でペルシア軍を破った。翌年ギリシア艦隊を率いてキュプロスやビュザンティオンを奪還した。ところがここで彼はペルシア風の生活様式をまね,尊大にふるまって,ギリシア連合内のアテナイ勢とペロポネソス勢の溝を深めた。さらにペルシアとの内通を疑われ,2度にわたって本国に召還された。密告でヘイロータイの反乱を企てたことが発覚し,クセルクセス宛の手紙が内通の証拠とされると,彼はアテナ神殿に逃れたが餓死させられた。

パウサニアス【Pausanias】

115ころ‐?
ローマ帝政期のギリシアの地誌学者。170‐180年ころ10巻の著作《ギリシア案内記》を完成した。本書はアッティカ,メガラ,コリントス,アルゴリス,ラコニア,メッセニア,アカイア,アルカディア,ボイオティア,フォキス,デルフォイなどギリシア本土の各地の都市,聖域,名所,神殿などを歴訪する旅人のための案内書の形をとり,各地の史跡にまつわる伝承や史実,神話などを織りまぜながら,過ぎにしギリシアの栄光を物語る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パウサニアス【Pausanias】

二世紀頃、古代ギリシャの地誌学者。著「ギリシア案内記」は古代ギリシャの遺跡研究に不可欠の資料とされる。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパウサニアスの言及

【スパルタ】より


[古典期]
 ペルシア戦争において,スパルタはコリントス地峡防衛に力を入れて,アテナイに名を成さしめたが,プラタイアイの戦でギリシア連合の盟主の威を示した。しかしペルシア追撃を指揮したパウサニアスの尊大な態度とエーゲ海域諸市への対応のつたなさのゆえに,エーゲ海域の諸市はアテナイに心を寄せた。スパルタは前460年代には大地震に端を発したヘイロータイの大反乱に難渋し,また前450年代にはアテナイと戦火を交えた。…

【占い】より

…プルタルコスによれば,アレクサンドロス大王は遠征に〈夢解き〉の神官を帯同したとされているし,夢見のための〈籠(こも)りincubation〉は想像以上に広い範囲で行われていたようである。それは古代医学とも密接に関係していたようであり,たとえば,パウサニアスは,《ギリシア記》の中でアスクレピオス神殿における病気治療について次のように記している。病人は種々の儀礼的な手続を経た後に,水を浴びせられ,身体を擦(こす)られ,香を焚(た)かれ,一種の恍惚状態のうちに,犠牲に捧げられた獣(牡ヤギなど)の毛皮の上に眠りこんで,夢を見る。…

【ギリシア文学】より

…プルタルコスの著述においては,古代人の生の内面から輝きいでる力強い資質が語られているゆえに,時代が移ろっても古代の人々の面影を彷彿させる。過ぎにしギリシア文学の伝統を追慕する心情は,やはり帝政期の地誌家パウサニアスの《ギリシア旅行記》にもあり,フィロストラトスの《絵画論》《彫刻論》などからもくみ取ることができる。他方,アルキロコスやアリストファネスらの活発な風刺の精神もなお衰えず,この時期の文学に異彩を加えている。…

【ニオベ】より

…一度にすべての子どもを失ったニオベは泣きつづけるうちに石と化し,それを風が彼女の故郷のシピュロス山上に運んだが,なおも涙を流しつづけたという。リュディアの生れで,みずからシピュロス山に登ったことのあるパウサニアス(2世紀)は,伝説の〈ニオベ石〉は近くで見ればただの岩だが,遠見には,頭をたれて涙にくれる女の姿に見える,とその著書《ギリシア案内記》に書き残している。【水谷 智洋】。…

【ネストル】より

…饒舌家で,その話はとかく若い時分の武勇談に傾くきらいはあるものの,だれからも尊敬される老人として,ホメロスの叙事詩に描かれている。歴史時代のペロポネソス半島西部には,ピュロスの名をもつ地が3ヵ所あり,パウサニアス(2世紀)の《ギリシア案内記》はメッセニア地方のピュロス(現在のピロス,別名ナバリノより少し北)をネストルの居城地と記しているが,1939年,アメリカの考古学者ブレーゲンC.Blegenが現ピロスの北方約20kmにあるエパノ・エングリアノスの丘に広大なミュケナイ時代の宮殿址を発見し,いまではここがネストルのピュロスと想定されている。【水谷 智洋】。…

【ネメシス】より

…彼女の最も有名な神殿はアッティカ地方のラムヌスにあり,名匠フェイディアス(前5世紀)作の神像が奉置されていた。この神像は,鹿と勝利の女神ニケのついた冠をいただき,左手にはリンゴの枝,右手にはエチオピア人の姿を刻んだ杯を持っていた,とパウサニアス(2世紀)の《ギリシア案内記》が伝えている。【水谷 智洋】。…

※「パウサニアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パウサニアスの関連キーワードエパミノンダスナビスフィロポイメンブラシダスレオニダススパルタクスの反乱スパルタ式テルモピレーアンティゴノス[3世]レオニダス[2世]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone