コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウルス・ディアコヌス パウルス・ディアコヌス Paulus Diaconus

2件 の用語解説(パウルス・ディアコヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウルス・ディアコヌス
パウルス・ディアコヌス
Paulus Diaconus

[生]720頃.フリウリ
[没]797頃.モンテカシノ
イタリアの歴史家。ランゴバルド族の貴族の出身。モンテカシノ修道院に入ったのち,デシデリウス王の宮廷顧問官として仕えた。ランゴバルド王国滅亡後,一時はカルル1世 (大帝) に仕えたが,のち著作に専念。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パウルス・ディアコヌス
ぱうるすでぃあこぬす
Paulus Diaconus
(720ころ―797ころ)

イタリアの歴史家、詩人、文法学者。ランゴバルド人の名門の出身。ランゴバルド王女の家庭教師を務めたが、フランク王国カール大帝によって祖国が征服されたのち、モンテ・カッシーノの修道士となる(782年以前)。反逆罪で捕らわれた兄弟の釈放を願うためアーヘンの宮廷に行き、大帝の恩顧と敬愛を受け、数年間(782~85/86)王国で活躍した。主著には『ローマ史』『ランゴバルド族の歴史』がある。[出崎澄男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパウルス・ディアコヌスの言及

【キリスト教文学】より

…この時代にイギリスは,古代英語で宗教詩を制作した2人の詩人,キャドモンCaedmon(7世紀末)とキネウルフ(8世紀末)をもったことも注目に値する。 カールの朝廷に集まった多くの文人中,詩人として名高いのは復活祭前主日の賛歌《栄えと称賛,誉れとを享(う)けたまえ,あがない主キリストよ》などの作者オルレアンのテオドゥルフTheodulf(750ころ‐821ころ)やアンギルベルトAngilbert(745ころ‐814)らであるが,《ランゴバルド史》の作者パウルス・ディアコヌスPaulus Diaconus(720ころ‐797ころ)にも《大教皇グレゴリウス伝》や,8音階の源となった《バプテスマのヨハネへの賛歌》などの詩がある。アルクインの流れは多くのすぐれた宗教詩人を生み,中でもフルダ修道院によったラバヌス・マウルスやゴットシャルク,ワラフリド・ストラボWalahfrid Strabo(808か809‐849)は,それぞれ敬虔な,あるいは哀切な,また優雅な賛歌の作者として知られる。…

※「パウルス・ディアコヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パウルス・ディアコヌスの関連キーワード瓜生胡瓜魚振り売り・振売り振売りフリウリベネチアジュリア触売りフリウリュウ半島うりうりころんウリジル酸5'ナトリウムフリウリ地方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone