コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パゴダ パゴダ pagoda

翻訳|pagoda

5件 の用語解説(パゴダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パゴダ
パゴダ
pagoda

狭義には東南アジアの仏塔または塔状仏堂。すなわちミャンマー (ビルマ) のパヤやゼディー,タイのプラ・プラーンプラ・チェディーなどをいう。その形態はインドストゥーパから変化発展したもので,正方形,多角形,円形などの基壇を順次に縮小しつつ積重ね,その上に角錐形や円錐台状の覆鉢を築き,さらにその上に高い尖塔を建てる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パゴダ(pagoda)

卒塔婆(そとば)の変形として建てられた仏塔。特にミャンマーの仏塔をいう。また、仏塔のような各種の多層塔。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パゴダ【pagoda】

ヨーロッパ人が東洋の仏塔などの高い塔状の宗教建造物をみて,それを指して呼んだ語。原語は明らかでない。スリランカダゴバ,ミャンマーのパヤーあるいはゼーディ,タイのプラ・チェディー(仏塔)やプラ・プラーン(塔堂),中国の層塔やラマ教仏塔,日本の五重塔や三重塔を指して,広範囲に用いられる。インドのヒンドゥー教建築に見るシカラ(上部へと高く積み上げられる塔状のもの)も時に含むが,一般には仏教建築の仏塔(ストゥーパ)を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パゴダ【pagoda】

仏塔やそれに類する塔。特に、ミャンマー(ビルマ)の仏塔をいう。パヤー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パゴダ
ぱごだ
pagoda

ミャンマー(ビルマ)で仏塔のことをいう。もとポルトガル語pagodeに由来するというが、異説もある。ビルマ語自身ではゼーディzediとかパヤーpayという。パゴダには仏歯、仏髪を祀(まつ)ったもの、仏の8種の聖具を納めたもの、仏像を安置したもの、聖典を蔵したものの4種があるが、いずれも主として在家(ざいけ)信者の信仰の対象であり、また彼らの憩いや社交の場ともなっている。ヤンゴン(ラングーン)にあるシュエダゴン・パゴダは代表的なもので、金箔(きんぱく)で覆われた100メートルほどの円錐尖(えんすいせん)形の大仏塔である。[森 祖道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパゴダの言及

【ストゥーパ】より

…また礼拝対象一般を指すチャイティヤと同義とされることもある。英語パゴダpagoda(フランス語pagode,ドイツ語Pagode)は東洋の高塔状宗教建造物,特にビルマ式のストゥーパを指す。仏教以前からあった墳墓に起源し,ジャイナ教徒も一時用いたが,仏教徒がその造立と崇拝に特に熱心であったために仏教固有のものであるかのようにみなされ,仏教寺院の最も重要な建造物としてアジア各地に多数の例がある。…

【寺院建築】より

…スリランカは東南アジアに流布した上座部仏教の発祥地であり,その信仰とともにスリランカ風の仏教建築が東南アジアの各地域に伝わった。特にスリランカ様式の仏塔の形体は,ミャンマーとタイの建築に著しい影響を与えた(パゴダ)。ミャンマーでは特に11世紀以降のパガン朝(11~13世紀)に出現し,タイでは13世紀以降のスコータイ朝(13~15世紀)に現れる。…

【ストゥーパ】より

…また礼拝対象一般を指すチャイティヤと同義とされることもある。英語パゴダpagoda(フランス語pagode,ドイツ語Pagode)は東洋の高塔状宗教建造物,特にビルマ式のストゥーパを指す。仏教以前からあった墳墓に起源し,ジャイナ教徒も一時用いたが,仏教徒がその造立と崇拝に特に熱心であったために仏教固有のものであるかのようにみなされ,仏教寺院の最も重要な建造物としてアジア各地に多数の例がある。…

※「パゴダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パゴダの関連キーワード東ヨーロッパ人種西欧ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロピアン仏狼機ヨーロッパ通貨機構《ヨーロッパ人》ヨーロッパ人民党ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パゴダの関連情報