コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パジェス パジェス Pagès, Léon

7件 の用語解説(パジェスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パジェス
パジェス
Pagès, Léon

[生]1814. パリ
[没]1886. パリ
フランスの日本学者。公使館職員として中国在留中『ザビエル伝』に興味をひかれて以来,『ザビエル書簡集』の仏訳 (1855) ,『日本図書目録』 Bibliographie japonaise (59) ,ドンクル・キュルシウスの『日本文典』の仏訳 (61) ,『日葡辞書』の仏訳 (62~68) を刊行,次いで4巻本の仏文日本史を計画したが,その第3巻に予定された『日本切支丹宗門史』 (67) を刊行するにとどまった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パジェス(Léon Pagès)

[1814~1886]フランスの外交官・日本研究家。公使館付として中国に滞在。著「日本関係図書目録」「日本切支丹宗門史」「日仏辞書」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パジェス

フランスの東洋学者。1847年―1851年中国北京のフランス公使館在任中にキリシタン史研究を志し1858年《ザビエル書簡集》を発刊,以後ヨーロッパ図書館をめぐって文献を集め,日本書誌学のはじめとされる《日本図書目録》ほか《日本二十六聖人殉教記》,キリシタン版《日葡(にっぽ)辞書》の改編である《日仏辞典》,《日本キリシタン宗門史》など多くの著作を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

パジェス Pagès, Lèon

1814-1886 フランスの日本研究家。
1814年9月生まれ。外交官として清(しん)(中国)駐在中に,日本のキリシタン史に関心をもつ。帰国後「ザビエル書簡集」を翻訳,「日本図書目録」を編集刊行した。1886年11月死去。72歳。パリ出身。著作に「日本二十六聖人殉教記」「日本切支丹(キリシタン)宗門史」「日仏辞典」(「日葡(にっぽ)辞書」の仏訳)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

パジェス【Léon Pagès】

1814‐86
フランスの日本研究家。パリに生まれた。雑誌《ユニベールL’univers》の共同編集者。中国駐在フランス公使館員として1847‐51年中国に渡り,55年《ザビエル書簡集》2巻を訳刊して以来,日本研究を進め,59年に《日本図書目録》を,そして4巻からなる日本帝国史の稿を起こした。またフランスに日本への関心が高まっていたときでもあり,日本教会史に力を注ぎ,62年《日本二十六聖人殉教記》を,1869‐70年に日本帝国史の第3巻に当たる《日本キリシタン宗門史》と付編《史料集》を,73年に《日本キリシタン迫害と日本遣欧使節記》を出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パジェス【Léon Pagès】

1814~1886) フランスの外交官。中国のフランス公使館に勤務して、日本の研究にあたった。著「日仏辞典」「日本書誌」「日本切支丹宗門史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パジェス
ぱじぇす
Lon Pags
(1814―1886)

フランス人日本学者。パリで『Le Univers』誌の編集に従っていたが、北京(ペキン)公使館付きとして清(しん)国に在留中、日本キリスト教布教史に関心をもち、1855年『ザビエル書簡集』二巻、さらに『日本関係図書目録』(1859)を編刊した。ついで在日オランダ商館長クルティウスJ. D. Curtiusによる『日本文典』のホフマンJ. Hoffmann増訂版にキリシタン版文典類を参考した『日本文典』(1861)、『日本二十六聖人殉教記』(1862)、さらに1603年(慶長8)長崎刊の『日葡(にっぽ)辞書』のフランス語訳『日仏辞典』(1868)、『日本キリシタン宗門史』と史料編(1869~70)その他を刊行。その後の日本学研究の基を開いた。[海老沢有道]
『吉田小五郎訳『日本切支丹宗門史』全三巻(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパジェスの言及

【辞書】より

…また日欧対訳辞書もはじめて現れた。《日葡(につぽ)辞書》(1603,のちパジェスLéon Pagèsが《日仏辞書》に改編した),《拉葡日(らほにち)辞典》(1595∥文禄4),《羅西日(らせいにち)辞典》などがあり,いずれもヨーロッパ式の体裁を整えたものである。これら〈キリシタン版〉はローマ字,表音的仮名遣い,詳しい語釈などがあるので,当時の日本語研究に有益である。…

【日本研究】より

…西洋における日本研究は,16世紀後半以降,キリスト教の日本への普及とともに始まり,19世紀後半から20世紀前半にかけてイギリスが,また太平洋戦争を契機としてアメリカが日本研究の中心となった。一方,ロシア・ソビエトは独自の伝統をもち,戦後はアジア諸国でも盛んになりつつある。 1549年(天文18)F.ザビエルの来日によってキリスト教の布教が開始されるとともに,イエズス会士による日本研究も始められた。イエズス会士の膨大な通信のほか,日本語に熟達したJ.ロドリゲスの《日本大文典》《日本小文典》を生み,1603年(慶長8)には長崎で《日葡辞書》が刊行され長く日本研究者の指針となった。…

【辞書】より

…また日欧対訳辞書もはじめて現れた。《日葡(につぽ)辞書》(1603,のちパジェスLéon Pagèsが《日仏辞書》に改編した),《拉葡日(らほにち)辞典》(1595∥文禄4),《羅西日(らせいにち)辞典》などがあり,いずれもヨーロッパ式の体裁を整えたものである。これら〈キリシタン版〉はローマ字,表音的仮名遣い,詳しい語釈などがあるので,当時の日本語研究に有益である。…

【日本研究】より

…19世紀の文献学の隆盛期に日本学は〈盆栽的学問orchid science〉への傾向を強めた。この間フランス,イギリスの外交官のなかからは,L.パジェスをはじめ,E.M.サトー,W.G.アストンのような優れた日本学者となる人々が輩出し,B.H.チェンバレンをはじめ御雇外国人として来日したJ.マードック,L.ハーン(小泉八雲),アペールVictor George Appert,ブスケGeorge Hilaire Bousquet,サンソムGeorge Bailey Sansom(1883‐1965)らも日本の現実に基づいた研究の成果をあげたが,イギリス人を除いては本国の大学に戻れなかった。サンソムはイギリスでは教職に就かず,1935年,のちにハーバード大学と並んでアメリカの日本研究の中心の一つとなるコロンビア大学で教えた。…

※「パジェス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パジェスの関連キーワードイルドフランストメラプラスペリ大クープラン辻静雄パリ祭フランスソワールルノンドードミエビル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パジェスの関連情報