コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パップ パップPapp, Joseph

3件 の用語解説(パップの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パップ
パップ
Papp, Joseph

[生]1921.6.22. ブルックリン
[没]1991.10.31. ニューヨーク
アメリカの演劇プロデューサー,演出家。本姓 Papirofsky。 1954年シェークスピア劇の無料上演を目指してニューヨーク・シェークスピア・フェスティバルを組織。 62年セントラルパークに野外劇場を得てからは夏期公演を定着させ,91年まで主宰をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パップ(pap)

《パン粥(がゆ)の意》コアラが育児中に体内でつくる物質。ユーカリの葉を盲腸で半分消化したもので、母乳期間を終えた子どもに食べさせる。これにより、ユーカリの葉を消化するためのバクテリアなどを親から子へ受け継ぐ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

パップ【Joseph Papp】

1921‐91
アメリカの演出家,演劇製作者。シェークスピア劇の普及をおもな目的として,1954年に創設されたニューヨーク・シェークスピア・フェスティバルの主宰者として知られる。公演は,最初は教会などで行われていたが,57年以後は野外公演として夏季にセントラル・パーク行われるようになった。上演作品の中には,ミュージカル化されたシェークスピア劇《ベローナの二人の紳士》,W.S.ギルバートA.S.サリバンオペレッタペンザンスの海賊》のように,ブロードウェーの大劇場に移ったものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

パップの関連キーワードヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学チャモロ[家]バレンチノ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パップの関連情報