コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パツクアロ[湖] Lago de Pátzcuaro

世界大百科事典 第2版の解説

パツクアロ[湖]【Lago de Pátzcuaro】

メキシコ中西部,ミチョアカン州の北部にある湖。面積260km2。標高2045m。アナワク高原の南部,州都モレリアの西約50kmにある。周辺の山地とよく調和した美しい湖で,観光や保養のために訪れる人々が多い。湖上にはハニツオ島,ハラクロア島があり,タラスコ族の居住地となっている。カヌーを使った独特の網漁業が行われ,観光の対象となっている。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のパツクアロ[湖]の言及

【モレリア】より

…【栗原 尚子】。。…

【モレリア】より

…1541年,初代副王メンドサにより建設され,彼の生地にちなんでバヤドリードと名づけられたが,1828年メキシコ独立の英雄J.M.モレロスの出身地であることを記念して現在名に改められた。西43kmのパツクアロPátzcuaro湖周辺は,タラスコ王国の地で,ツィンツンツァン遺跡がある。湖ではインディオにより蝶の形をした網で漁が行われ,民芸品に富む定期市とともに多くの観光客をひきつけている。…

※「パツクアロ[湖]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android