アナワク高原(読み)アナワクこうげん

百科事典マイペディアの解説

アナワク高原【アナワクこうげん】

メキシコ中央部より米国との国境にまで広がる高原。メキシコ中央高原とも。東・西のシエラ・マドレ山脈にはさまれ,標高1000〜2000m内外。北部は半乾燥の地域で,中部のサカテカスサン・ルイス・ポトシは植民地時代,銀山として栄えた。南部は雨量が多く,メキシコの主要な農業地帯であり,古代文化が栄えた。
→関連項目メキシコ(国)メキシコ(都市)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナワクこうげん【アナワク高原 Anáhuac】

メキシコ中央部よりアメリカ合衆国との国境にまで広がる高原。メキシコ中央高原ともよぶ。狭義にはこの高原の南部,サカテカス山脈,サン・ルイス山脈より南の部分を指す場合もある。西シエラ・マドレと東シエラ・マドレの両山脈にはさまれた地域で,南は新期火山帯に限られる。面積67万km2。平均高度は1700m。北部では約1200mであるが,南に向かうにつれて高度を増し,約2700mにも達する。高原には多くの湖沼があり,ここに流入する河川も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナワク高原
あなわくこうげん
Anhuac

メキシコ中部の高原。アナワクとは原地語の「湿った所」の意で、原義的にはメキシコ中央高原のなかのテスココ湖を中心とする豊水性地域、すなわちメキシコ盆地をさす。メキシコは乏水性でありながら、ポポカテペトル山など5000メートル級の山々の雪解け水によって、豊水性地域を形成した。アナワク高原はこの水の豊かな地域をいうが、アナワクの意味を解せず、メキシコ中央高原のサボテンの多い乾燥地域を含めて、アナワク高原という場合もある。ポポカテペトル山の伏流水は、南東のクワウトラ、マタモロスではプールに利用され、プエブラではダムにより農業用水として利用される。メキシコ市南部のソチミルコ湖もテスココ湖の名残(なごり)で、メキシコ市の建設に伴って、北部に排水路を設けてテスココ湖の縮小を図ってきた。現在は北東に縮小し、南のほうは空港に利用されている。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアナワク高原の言及

【メキシコ】より

…この両山脈は南に向かうにつれて高度を増し,南部の太平洋岸で合して南シエラ・マドレとなって東西に走り,テワンテペク地峡を越えてグアテマラに至っている。東・西のシエラ・マドレと南シエラ・マドレに囲まれた地域は,標高1000~2000mの広大なアナワク高原(メキシコ中央高原)となっている。南シエラ・マドレの北側に,バルサス低地帯をはさんで,これと平行に東西に走るメキシコ新期火山帯があり,東・西のシエラ・マドレと重なって,ポポカテペトル,イスタクシワトル,オリサバなど,標高5000mを超える高い火山列をつくっている。…

※「アナワク高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android