コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチカカ湖 チチカカこLago Titicaca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チチカカ湖
チチカカこ
Lago Titicaca

南アメリカ,アンデス山脈中部,アルティプラノ高原北部にある大湖で,ペルーボリビア両国にまたがって位置する。大型船が航行できる湖としては世界で最も高いところにあり,湖面標高 3812m。北西-南東方向に約 200kmにわたって延び,最大幅約 80km。周囲 1125km。面積 8372km2。ティキナ水道によって2つの部分に分けられ,北西の大きいほうはチュクイト湖,南東の小さいほうはウイニャイマルカ湖と呼ばれる。平均水深 107m,ボリビア側沿岸に向って次第に深くなり,最大水深は 281m。北端部に注ぐラミス川をはじめ 25以上の川が流入。南端部からデサグアデロ川が流出して約 300km南東にあるポーポ湖に注ぐが,同川による湖水の損失は5%にすぎず,大部分は蒸発によって失う。平均水温は表層部で 14℃,湖底で 11℃。湖中には約 40の島があり,多数の住民がいる島もある。最大の島はチチカカ島。この地域は古くからインディオの文明が発達した地で,南岸近くのティアワナコをはじめ沿岸各地や湖中の島に紀元前にさかのぼる遺跡があり,多数の考古学的資料が出土している。チチカカ島は「太陽の島」とも呼ばれ,インカ帝国の始祖伝説で知られる。現在この地域に住むアイマラ諸族は先インカ期以来の住民で,古くからの生活様式や言語を保ち,古来の農耕法でオオムギ,キノア (アカザの1種) ,ジャガイモなどを栽培。湖上では,湖岸近くに叢生するトトラと呼ばれるアシに似た草でつくった浮島に住んでいる民族もあり,トトラで造った草舟は漁業や湖上交通に広く用いられている。沿岸の主要港である北西岸のプノ (ペルー) と南端岸のグアキ (ボリビア) の間に定期航路が開かれている。近年ペルー側湖岸でボーキサイトの鉱床が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チチカカ‐こ【チチカカ湖】

Lago Titicacaアンデス山脈中部、ペルーとボリビアとの国境にある湖。湖面標高が3812メートルで大湖としては世界最高。湖畔の主な都市はペルー側のプーノとボリビア側のグアキがあり、定期船で結ばれる。湖内のタキーレ島アマンタニ島太陽の島などには、先インカ期からインカ帝国時代にかけての遺跡がある。面積8562平方キロメートル。ティティカカ湖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

チチカカこ【チチカカ湖】

〔Titicaca〕 南アメリカ、ペルーとボリビアの国境にまたがる淡水湖。アンデス山脈中にあり、沿岸にはインカ帝国の遺跡が多い。面積8288平方キロメートル。湖面は海抜3810メートルで、大湖としては世界最高の位置。湖上交通に用いる芦舟(バルサ)で有名。ティティカカ湖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チチカカ湖
ちちかかこ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チチカカ湖の関連キーワードティアワナコ文化ティワナク遺跡アルティプラノアルチプラノポーポ[湖]コパカバーナイヤンプー山アンデス文明アンコウマ山ウルウル湖ビラコチャアイマラ族モイェンドウユニ塩原チンチラフリアカアレキパラパス県モエンドウロス島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チチカカ湖の関連情報