コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パテト・ラオ パテトラオ

2件 の用語解説(パテト・ラオの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パテト・ラオ

ラオス国〉の意で,ラオス愛国党を中心とする左派勢力。ラオス愛国戦線とも。1950年スパヌウォンが反仏抗戦政府を樹立したのに始まる。1973年パテト・ラオは,プーマ政権とラオス和平協定を結んだのち,ラオス各地に人民革命行政委員会を設置して徐々に勢力浸透を図った。
→関連項目ラオス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パテト・ラオ
パテト・ラオ

ラオス愛国戦線」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パテト・ラオの関連キーワードサムヌアラオス愛国戦線Άγιος Νικόλαοςアギオスニコラオスアナパフサス修道院アギオスニコラオス要塞しらおスキー場バスラオバスラオ(あおすじのすがた)ベルサイユのばら オスカル篇パテト・ラオ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パテト・ラオの関連情報