コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナマソウ Carludovica palmata; Panama hat palm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナマソウ
Carludovica palmata; Panama hat palm

パナマソウ科の多年草。熱帯アメリカに分布し,湿りけの多い森林中に生える。地上茎は発達せず,葉は長さ2~4mの葉柄があり,直径 1m内外の掌状で大きく4裂し,各裂片がさらに裂けるので全体はシュロの葉に似ている。花は肉穂花序をなし,雌雄同株で,4個の雄花が雌花1個を囲み,規則正しく配列する。若葉を刈取り,紐状に細裂して漂白したものを帽子や籠などを編むのに用いる。なかでもパナマ帽は有名で,パナマ港から大量に輸出されたのでこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パナマソウ

熱帯アメリカ原産のパナマソウ科の多年草。地上茎は発達せず,葉は地ぎわから叢生(そうせい)する。葉は長さ2m前後の柄を有し,葉身は長さ1m内外の扇形で掌状に深裂する。
→関連項目繊維作物パナマ帽

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パナマソウ【Panama hat palm】

単子葉植物パナマソウ科のシュロに似た葉をつける多年草(イラスト)。茎は短縮して地下生,それから1~2mの葉柄と扇状の葉身をもった葉を多数,根生状に出す。葉身はシュロ状に折れ目があり,長さ60~90cm,4深裂し,さらに多数の細片に浅裂する。長さ50cmほどの花茎上に,長さ20cmほどの肉穂花序をつける。雌雄異花で,雌花は4本の不稔おしべが変形した糸状体を有し,それが花序をおおい,奇観を呈する。果実は熟すと子房の上部が相互につながったままむけ落ちて,種子を露出させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナマソウ
ぱなまそう
Panama hat plant
[学]Carludovica palmata Ruiz et Pavon

パナマソウ科の多年草。南アメリカ北西部から中央アメリカにかけての地域が原産地。エクアドルやコロンビアなどで広く栽培されている。ヤシに似た葉が地際から叢生(そうせい)する。葉身は円形で直径約1メートル、掌状に大きく4つに裂け、それぞれがさらに細かく裂けており、つやがある。葉柄は長さ2メートル以上になる。花は根元から20~30センチメートル伸び立った柄の先につき、長さ約15センチメートルの肉穂状の花序で、4個の雄花に囲まれた雌花が螺旋(らせん)状に並ぶ。果実は液果で熟すと赤色になる。葉の繊維は弾力があり強く軽く、耐久性が強い。葉身の開き始めた若い葉を収穫し、粗く裂き、熱湯に浸してから、ばらばらにならないように葉柄をすこしつけたまま葉身を均一に細裂する。次に漂白、乾燥させて、パナマ帽などの編物細工原料とする。パナマソウの名はこれに由来する。植え付け後2年目から収穫でき、植え付け5年たった株からは、年間約25枚の葉が収穫できる。なお、熱帯では観賞用として庭園などにも植えられている。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パナマソウの関連キーワードパナマ(繊維)ロスリオス州パナマ草マナビ州座布団

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android