コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナマ地峡 パナマちきょうIstmo de Panamá

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナマ地峡
パナマちきょう
Istmo de Panamá

北アメリカ大陸を結ぶ地峡部の南東端をなす最も幅の狭い部分。コスタリカ東境付近から東へ,南アメリカ大陸本土まで,S字形に約 650kmにわたって延び,北のカリブ海と南の太平洋を分ける。全体がパナマ共和国をなし,ほぼ中央にパナマ運河が通じ,両大洋を結ぶ。チリキ地峡 (西部) ,最狭部 (幅約 50km) をなすサンブラス地峡 (中部) ,ダリエン地峡 (東部) を含む。狭義にはパナマ運河地域をさすこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パナマ‐ちきょう〔‐チケフ〕【パナマ地峡】

南北アメリカ大陸の結び目にある地峡。最狭部をパナマ運河が横断する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

パナマちきょう【パナマ地峡 Istmo de Panamá】

中央アメリカ,パナマの中央部にある地峡。パナマを東西にのびる山脈は,中央部で高度を低め,最高84mの低い丘陵となる。北西のカリブ海側のコロンと,南東の太平洋側のパナマ湾に臨むパナマ市の間の直線距離は,わずかに64kmにすぎない。現在では,ここにパナマ運河が建設されている。広義には,北アメリカ大陸と南アメリカ大陸を結ぶパナマ全体を指すこともある。パナマ運河【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

パナマちきょう【パナマ地峡】

南北アメリカ大陸を結ぶ地峡。太平洋と大西洋に挟まれ、パナマ運河が通じる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナマ地峡
ぱなまちきょう
Isthmus of Panama

北アメリカと南アメリカを結ぶ細長い陸地部。パナマ湾を半円状に囲むように東西に連なり、パナマの国土とほぼ一致する。狭義では、カリブ海側のコロン湾と太平洋側のパナマ湾を結ぶ最短部をいい、ここにパナマ運河が通じている。1513年、スペインの探検家バルボアが、カリブ海側から横断して地峡であることを発見した。以後、大西洋と太平洋を結ぶ要衝として世界の注目を集めた。[今野修平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パナマ地峡の関連キーワードバルボア(Vasco Núñez de Balboa)スミソニアン・インスティテューションフォーティー=ナイナーズフォーティ・ナイナーズ大航海時代史(年表)バルボア(パナマ)メソアメリカ文明アスピンウォール万延元年遣米使節中部アメリカダリエン地方陸橋(地学)中央アメリカラプラタ川ガトゥン湖新見正興ドレークファーゴダリエン新熱帯区

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android