パネルヒーティング(英語表記)panel heating

翻訳|panel heating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パネルヒーティング
panel heating

放射暖房のこと。天井,壁,床などにパイプを埋込んで温水を通し,または温風電熱線を利用して,これらの表面を加熱して,それからの放射によって室内を暖める暖房法。北ヨーロッパペチカ,中国のカン,朝鮮のオンドルなどを近代化したもの。電熱で加熱される小型の工場生産パネルもパネルヒーターと称して市販されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パネル‐ヒーティング(panel heating)

床・壁・天井に温水管や電熱線を埋め込み、その放射熱を利用する室内暖房。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

パネルヒーティング【panel heating】

直接暖房の一種。室の床や壁,あるいは壁に取り付けたパネルの表面温度を高め,それからの放()射熱により暖房を行う方法。室内に温風を吹き出す間接暖房は長所も多いが,設計が適切でないと頭が熱く,足もとが冷える環境を作ることがあり,とくにピロティ直上の室など床下外気に接するような場合はこの傾向が著しい。パネルヒーティングではこのような現象は起こりにくいが,反面,温度と材料の選定が不適当だと,放熱部分が反ったり割れたりすることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パネルヒーティング【panel heating】

放射熱を利用した暖房。部屋の壁・床などに温水管や電熱線を埋め込んで放熱させるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

パネル‐ヒーティング

〘名〙 (panel heating) 床、壁、天井などに設置したパイプに温水や蒸気を通したり、または電熱線を配線したりして、輻射熱を利用して間接的に暖房する方法。輻射暖房

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android