温風(読み)オンプウ

  • うんぷう
  • おんぷう ヲン‥
  • おんぷう〔ヲン〕

デジタル大辞泉の解説

あたたかい春の風。
暖房器具などが送り出す、あたたかい風。
陰暦の晩夏に吹く、あたたかい風。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 梅雨が明ける、陰暦六月頃に吹く南風。《季・夏》
※俳諧・滑稽雑談(1713)六月「温風(オンプウ)(いたる)」 〔礼記‐月令〕
② あたたかみを感じる春の風。季題としては「風あたたかし」で表わす。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「出て見ると春の日は存外長閑(のどか)で、平気に鬢(びん)を嬲(なぶ)る温風(オンプウ)はいやに人を馬鹿にする」
③ 暖房装置などが送り出す、あたたかい風。
〘名〙 =おんぷう(温風)落葉集(1598)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温風の関連情報